So-net無料ブログ作成
アレ系 ブログトップ
前の5件 | -

アレ系 「巣作りカリンちゃん」クリアーq('-'* [アレ系]

メーカーは…なんだろう、合作になるのかな。とりあえずオフィシャルサイトはこちら。
http://nexton-net.jp/KarinProject/karinchan/index.html

今作はネクストンの恋姫キャラと、ソフトハウスキャラの巣作り系のシステムを使って
ゲーム化されたものです。

やっとこさ評価SSSになったので、この辺でプレイは終了して感想を書こうなと〆('-'*
巣作りカリンちゃん_SSSクリア.jpg
SSS評価は魔王完全復活とか、迷宮レベルとかで分岐しそうな感じです。
ラスボス的な一戦があるかないかかな?

ゲームクリア後の率直な感想としては、ちゃんと恋姫ヒロインとしてキャラが立っていたのに驚きました。

正気なところ、他社のライターが書いてるわけだし、もう少し酷いものかなと想像していたんだけど
ちゃんとキャラの特徴を捉えているし、異世界ファンタジーに落とし込んでいるし、
ライター自体の持ち味である生活感も出ていたりと、どちらも好きな私としては満足しています。

ゲーム自体としては、同じ系統システムの「その大樹は魔界を喰らう!」よりも簡略化されていて
時間を掛ければ誰でもクリアできる感じなんじゃないでしょうか。大樹は敵が かなり強かったり
そもそもシナリオがダメだったのでクリアせずに投げちゃったしね(;´Д`A

今作を諦めずに最後までプレイできたのは、引継ぎが強かったからじゃないかなと考えています。
これまでの同シリーズだとエンディングを観ないと配下の強化データなどを引き継がない記憶があったけれど
今作は育てた配下ユニットを時間切れでもすべて能力を引き継げて、次回周回に回せたのは良かったです。

そういうわけで、色々な施設を建設して、配下になるユニットを集めて、これだ!というものを育てて
不落の迷宮を作っていけば、その内 必ずクリアできる難易度となるわけです。

攻略要素になるけれど、私の配置的にはこんな感じです。
巣作りカリンちゃん_ユニット構成と配置.jpg
入口で最初に左、右折させるのがポイントだと考えています。

ゲームを始めた頃とか中盤の頃は、フウの体力回復スキルばかり使っていたのだけど
終盤の高HP相手になると、こちらが倒れずとも、敵の数の多さで部屋を素通りされることが多くなるので
体力回復よりも、カロンのクリティカルアップの方が重要でしたね。

終盤は戦闘部屋の前に行動を抑制する沈黙や麻痺効果の罠や、敵が来る数をある程度制御する
足止め系の罠を置いて、戦闘部屋に敵が入る直前くらいのタイミングでクリティカルアップを使用して
瞬殺ですよ( p´∀`)q

個人的にお勧めユニットとしては「ドームル」でしょうか。
巣作りカリンちゃん_ドームルが硬い!.jpg
驚異のダメージカット率!

ドームルは、最前線でカズト隊に配備するのが特に良いです。
カズトは攻撃ユニットとしては頼りないのだけど、大量に同配下ユニットを呼び出せるので
むしろさっさと引き下がって、ドームル三体の壁でふさいで、クリティカルで殴ってくれる方が良いのです。

こういう発想の転換が出来ずに、街道エリアでは生かそう、生かそうとして苦労していました。
(ダークフォレスト登場時は、みんな あの攻撃力に苦労したはず。)

仲間キャラとしてはやはりカロンですかね。カズトは退場してくれても良いけれど、
カロンは早々に退場すると戦力激減となるので、囮効果のあるスキル持ちの配下ユニットを付けています。

そして最も重要なのが遠距離攻撃ユニット。前衛の部屋でいかに足止めしておいて
後衛の部屋から雨のように攻撃できるかによって勝率が変わりそうです。
何せ敵が部屋を移動中でも、問答無用に撃ってますからね(;´Д`A

ダンジョンの施設的には最初に左折させて、そこでいくらかの敵を足止めさせて、
トイレで攻撃力を落とした後に戦闘部屋に行く流れです。

戦闘部屋には遠距離攻撃が届くように後エリアに弓、魔法使い系のユニットを並べることで敵戦力を削ります。
私の構成だとホウケイが最終防衛ラインと言ってもよい感じで、その防衛線を抜けた相手には
もうカリン様の入り口戻しスキルくらいしかない感じです。(街道のLv50が鬼門だった)

シナリオの攻略では、目当てのキャラと会話できるように迷宮レベルを上げていけばOKかなと。
少し時間がかかるのは人間組の方で、かなりの回数、街道や王都に派遣しないと話が進まないですね。

他、自陣営キャラと人間陣営のキャラとの会話もあるので、仲間にしておかないとイベントが発生しなさそう。
会っても居ない人といきなりイベントで不通に会話してたらおかしいしね。

魔の森でカロン、田舎でケイファ、最果てでシュンランとシュウランが仲間になり、
街道でミンメイとシシュンのイベント、王都でレンファとシャオレンのイベントが進行。

王都組はシシュンとの会話シーンもあるみたいなので、少なくとも街道ではシシュンが登場して
ある程度はシシュンとのイベントを進めないと駄目かも。

他、注意点としてはカリン様が魔王として完全復活してしまうとフラグが折れてしまうので
カリン様との会話イベントでは2つ前くらいで止めておくのが良さそうです。
レンファの条件はおそらくシャオレンとの関係と、カリン様が復活直前まで来ているのが条件っぽいしね。

メインのシナリオは段階を踏んでいるのはもちろんだけど、その随所にライターの持ち味っぽい生活感や
小ネタなんかが挟まれていて、同ライターの著作「異世界のんびり農家」の更新が途切れていた分の
補給は出来たので良かったです。


■まとめ■
難易度は難しくなく、序盤は対空防御、中盤は回復、
終盤はクリティカルで瞬殺さえ覚えておけば大体大丈夫でしょう( p´∀`)q

シナリオ的には恋姫キャラをちゃんと異世界ファンタジーに落とし込みつつ、
ちゃんとライターの持ち味も出せているので満足しています。(フウなんてハマり役ですよね)

このライターのテキストは好みが両極端なので、合う人には合う、合わない人には合わないのだけど
私的にはこの人ほどサラッと読める文章を書ける人はなかなか居ないと思うのでお勧めしたいですね。

巣作りカリンちゃん -巣作りドラゴン同梱版-

巣作りカリンちゃん -巣作りドラゴン同梱版-

  • 出版社/メーカー: KarinProject
  • メディア: DVD-ROM


このゲーム、楽しいと感じた人には是非に
原点となる巣作りドラゴンもプレイしてもらいたいものですv(`∀´v)

nice!(0)  コメント(0) 

アレ系 「アイキス」クリアーv(`∀´v) [アレ系]

メーカーは戯画です。

キスシリーズは「ハルキス」と「フルキス」しかプレイしたことが無くてあまり把握できていないのだけど、
今作の「アイキス」については「キスアト」と同じ世界のようですね。

まぁ昔、そういうすごい先輩が在籍していた学校に通っているという設定だけ知ってればOKですね。


さて、今作は「メインビジュアル」と、サンプル絵にあった先輩の「黒レース自撮り」だけで
購入を決めてしまっていたので、正直シナリオには期待していませんでした。

面白くはないけれど、つまらなくもない、というような平凡な感じかとプレイ前は思っていたのだけど
実際にプレイしてみると美術学校っぽい雰囲気が出ていて、読んでいて面白かったですね( p´∀`)q

別に細かい授業風景とか そういうのはないのだけど、こう、普通の学校とは違う
ふわっとした雰囲気が伝わってきて、この空気なら「ちょっとおかしなところがあってもおかしくない」という
下地が作られていて、4ヒロインともビジュアルは良いのに、一癖ある性格をしていても成り立つ
環境が舞台として用意されているのが良かったです。

奇抜なビジュアル、奇抜な特徴付けの性格はキャラ付けとしては この手のゲームよくあるのだけど、
より性格の根っこの部分にまで踏み込んでいて、芸術家気質のヒロインたちの人間味を増していました。

特に世間的にも双子キャラは良いヒロインでしたね。

双子では成り立つ思考、双子では成り立たない思考など、
別のゲームでは2人で1セットのような扱いの多い双子にここまで注力して
取り組んだシナリオはなかなか無いんじゃないでしょうか。
ここはこのゲームの肝だと考えています。

いつでも双子ハーレムが成り立つのに、ゲーム作中内では成り立たないのがひじょうに興味深いです。
どちらか片方と結ばれて現状維持でも良いけれど、あともうひと おかわりしたいところでエンディングに
たどり着くところが良いバランスでしたね( p´∀`)q

双子ハーレムが成立しちゃうと、やっぱり双子は2人で1セットになっちゃうし。
ちなみにこの双子設定は仕掛けがあって、それを知ることで納得できる材料があるのも大きいです。

( '-').oO(まぁ、数年後の未来には、どうなっているかはもう確定してるかのような感じですが)

世間的には双子推しだと思うのだけど、私としてはやはり黒スト先輩を推して行きたいですね( p´∀`)q

このビジュアルからは思いもつかないような業の深い性格をしていて、なかなかのディープな存在。
でも私にはそんな先輩が大好きです( p´∀`)q

なんといったら良いのでしょうか、自分の中に蠢く感情を、理屈でアウトプットしていく感じ、
なんとなく先輩の思考と、私の思考が似ているなと思って深いところで「繋がった感」が
あったのは良かったです。

この辺の感触は、プレイヤー側の私と、作中の主人公とで受け取り方が違うので
同じ気持ちで物語を進めているわけではないのだけど、ちゃんと主人公の心は追えていたので
齟齬による不一致感は無かったです。


■まとめ■
ゲームの出来としては「秀作」というのが率直な感想です。

王道的なヒロイン配置、学園という舞台ではあるのだけど、実際にゲームをプレイしてみると
それらの要素に加え ヒロインの性格の深いところにある一癖ある感、双子の思考などなど
王道内ではあるけれど良い意味で一要素が加えられていてシナリオを豊かにしているのだなと感じました。

一言でまとめると「普通に面白かった」ということです( p´∀`)q

アイキス通常版

アイキス通常版

  • 出版社/メーカー: 戯画
  • メディア: DVD-ROM


ゲームをプレイしていると、一番だらしない巨乳先輩が、一番まともに見えてくる不思議!

nice!(0)  コメント(0) 

アレ系 「恋愛、借りちゃいました」クリアー( p´∀`)q [アレ系]

メーカーはASa Projectです。
『恋愛、借りちゃいました』を応援しています!

まぁ、まずはOPでも。

初買いメーカーです。

「購入検討&感想スレ」で、このタイトル名がちょこちょこ挙がっていたので興味を持って
実際に体験版をプレイしてみたら とても面白かったので購入決定。やっとこさ全クリアしました。

7月のゲームなのに時間が掛かりすぎたのには理由があって、意外や意外、
キャラゲーっぽい雰囲気のゲームなのに、なかなかボリュームがあったのが嬉しかったです。

ボリュームと言っても中身としては 何がどうしたってことは無い、体験版の雰囲気がそのまま続くのだけど
ヒロインと漫才しているかのような軽快なテキストが、よくもまぁ続くなぁと感心してしまいます。

体験版のしょっぱなから掴みはオッケーというか、このメインヒロインの百面相には笑っちゃいましたね( ´∀`)
恋愛、借りちゃいました【web体験版】_image_201962411598.jpg
このメインヒロインとの漫才が素晴らしいですね( p´∀`)q

もちろん面白いだけじゃなくて、徐々にデレていく感じもとても可愛かったです。
このメインヒロインにはOPムービーで見られるとおり、強力なライバルと対峙することになるのだけど
二人の告白シーンは、おそらく10年経っても忘れる事はないだろうという衝撃が残りましたねq(`∀´;q)

そんな可愛いヒロイン達なのだけど、エンディングについては一人を除いて曖昧な感じなのが残念でした。
もう少しハッキリさせても良いのでは?と思ったけれど、楽しい雰囲気を壊さないように、
また将来的にはどう転ぶか分からないという点を考慮すると、こんな感じになったのでしょうか。

(というか、この流れでダブルヒロインのハーレム展開が無いのには逆にビックリです)

とはいえ唯一、小娘たちを抑えて堂々のウェディングドレスまで到達した先生のルートは良かったですね。
一番最初に私がクリアしたルートなので印象深いって事もあるけれど、
漫才ヒロインとはまた違った良さがありました。

彼女は大人の女性なのですよ。

休日は家から一歩も出ずに引きこもって徹夜で新作ゲームをプレイする
既知感のある生活を送っている彼女ではあるけれど、大人なんですよ。
恋愛、借りちゃいました_image_2019861215.jpg
たまに大人気ないことを言ってますがね( ´∀`)

もうね、いちいちお姉さんっぷりが現れていて美人可愛いですよね( p´∀`)q

セリフ回しも、ささやく感じで語尾がちょっと上がる↑のがクセになりますね。
ビジュアルにテキスト、セリフ回しが合致していて魅力を倍増させていましたよv(`∀´v)

あとアレシーンが凄く良かったです。彼女も夜の方は初心者なのだけど年上の大人の女性ということで
色気が半端無かったです(*´Д`)ハァハァ 卑語率も高かったですね。

何というか年上の女性に卑語を言わせた感が凄くて、大興奮です( p´∀`)q

双子も卑語率が高かったのだけど、彼女らの場合は日常卑語っぽくなっていてギャップが少なく感じました。
ちなみに卑語はピー音修正だけど、音が小さめで邪魔にはならない印象です。
頻度としてはこの手のゲームでは普通よりはやや多めではないでしょうか。

ダブルメインヒロインとも言うべき二人は、アレシーンは普通すぎて印象が薄い感じです。
というか口取りは、ほぼ壊滅状態ですね。そのあたりは個人的にひじょうに残念です。

ちなみに攻略としては、先生 → 双子 → ダブルヒロイン → どちらか or サブヒロイン という分岐をするので
めいいっぱい楽しむなら、ダブルヒロインは後回しにした方が良さそうです。


■まとめ■
久しぶりの感想記事で、全くまとめきれていないのだけど、体験版をプレイしてもらうのが一番ですね。

体験版詐欺というものがなく、体験版のノリそのままに続いていくので、とても面白かったです。
いや、ヒロインとの漫才で面白いというよりも、純粋にゲームをプレイしていて「楽しい」です。

こう、何も難しい事は考えずに、純粋に楽しめるゲームってあまり記憶に無いので
とても良い買い物をした気分です( p´∀`)q

今後はこのメーカーのタイトルもチェックしていきましょうか〆('-'*

恋愛、借りちゃいました 初回版

恋愛、借りちゃいました 初回版

  • 出版社/メーカー: ASaProject
  • メディア: DVD-ROM



nice!(0)  コメント(0) 

アレ系 「初めての彼女」クリアー [アレ系]

メーカーはワッフルです。

さくっと行きます〆

ゲームクリア後の第一声は「風俗嬢から日常には戻れない」というところでしょうか。
そしてクリア後に胸に残ったのは「苦味」です(;´Д`A

苦味なんだよね。そう、ウツとはまた違うんだよね。
大人としてそう生きていくと決めたのだから、それもその人の人生なんだろうけど
結局、どうすることもできてなかったという思いが残ってクリア後の精神疲労が凄いです(;´Д`A

これ、ちょっとした転落人生の自伝小説を読んでいるような印象です。

ヒロインの事情、金でヒロインを買う男達、自分よりも人生経験豊富で、
女を口説くテクニックも財力もある大人たち、色狂い、精神の自壊などなど
お金に困って風俗嬢になるしかないような女性の生きた軌跡のようなものが描かれていました。

その点は凄く良かったのだけど、やはりプレイヤーの私としてはエンディングを消化できないものがあり、
「二人で遠くの街で新しく生まれ変わって生きていく」というような、後ろめたい部分はあるけれど
ヒロインには人生をやり直してもらいたいと思っていたので、結局そのままなの?っていうエンディングには
ちょっとガッカリしてしまいました。

とはいえシナリオ自体はやはり丁寧で、彼女の心情の変化が見られて、その辺は興味深かったです。
隠し事による後ろめたさ、ヒロイン視点で描かれる彼への本音、決定的となる意識の違い、
磨耗していくヒロインの精神、終盤はメンヘラっぽくポエムを語るようになるなど、ゲーム開始直後の
綺麗な彼女が崩壊していく姿をゲーム化したのは今作のひじょうに良い点だったと思います。

アレシーンでは主人公とのシーンもあるけれど、多くを占めているのは主人公のバイト先の店長や
常連客といった他人棒で、そこで少女から女へ開花していく姿も良かったです。

ちなみにゲームのジャンル的にはOHPで「重厚な青春NTRアドベンチャー」とあるのだけど
NTR要素はほとんど無かったですね。だって風俗嬢ですものq(`∀´;q)

唯一それっぽいシーンといえば、彼に買ってもらった服を着せられて、
その服を汚されるという精神面でのところでしょうか。

とはいえ、さすがにエンディングまで辿り着くと、再度ゲームを起動して
このヒロインでシーン回想して使用するかと聞かれると無理という答えになります(;´Д`)


■まとめ■
思っていたよりもシナリオゲーでした。

このゲームのネックになっているのは彼女である「ヒロインの心境」であって、
主人公がどうしようが結局、それは山を動かすような話で
「どうしようもない」という点だけは覚悟をもってプレイした方が良さそうです。

エンディングについてはご都合主義だとか綺麗ごとと言われてもいいので、
もう少しゲームクリア後のスッキリ感は欲しかったですね。

ちなみに公式通販の特典ストーリーをプレイすると、さらにやるせなさに拍車が掛かります(;´Д`)ハァハァ

初めての彼女【Amazon.co.jpオリジナルDLCカード特典付き】

初めての彼女【Amazon.co.jpオリジナルDLCカード特典付き】

  • 出版社/メーカー: WAFFLE
  • メディア: DVD-ROM


nice!(0)  コメント(0) 

アレ系 「出会って5分は俺のもの! 時間停止と不可避な運命」クリアv(`∀´v) [アレ系]

メーカーはHulotteです。


タイトルは長いのだけど、第一印象でまず興味を惹かれたのと、ストーリー説明を見て購入を決意。
「時間停止」というギミックを使って、一体どういうことが起きるんだろうとワクワクしながらプレイしました( p´∀`)q

一見すると、時間停止中にイタズラしちゃうというような 鬼畜CG集や三次動画の内容が
頭に浮かんだのだけど、そんな展開は無かったものの、それが残念ではなくて
「時間停止」の限界点を探ったり、それがキッカケとなって新しい関係を築いていくのが面白かったです。

…なんだか久しぶりにゲームの感想を書いている気がするのだけど、
久しぶりに感想を書きたくなるくらい面白かったです。
最後に書いたのは…調べてみると8月でしたね(;´Д`A

ちなみに卑語率はそこそこで、無音消しです。
個人的にはシステム周りで、セーブデータ数が多いのがとても嬉しかったです。


■ここが良かった!■
☆「♪時間停止」のBGMが秀逸で、ここでまず一気に物語に入り込めました。
☆時間停止の限界点やカラクリに迫ったりとSF要素があって良かった。
☆メインヒロインの瑠璃がとても可愛いです!
☆白亜は良キャラですね。彼女の引っ掻き回しが適度な息抜きとなって物語が軽快に回していましたね。
☆アレシーンは卑語率そこそこでビックリです。無音消しなのが残念だけど内容は良かったです。

■ここがイマイチ■
★個別ルートに入った後は、話が短めに感じました。でも、これくらいでちょうど良いのかも。
認証が「DMM Game Player必須」となっているのが大きな不満です。

なんと認証システム以外はベタ褒めですv(`∀´v)
ゲーム部分で悪い部分が ほとんど出てこないという内容で、とても楽しい時間を過ごせました。

今作は、何事にも熱中することなく 少し醒めた目で日々を無為に過ごしている主人公の下に
占い師を称する不思議な少女が現れ、「時間停止」を可能にするアイテムを主人公に委ねて
色々とやってみてはどうかと持ちかけられることから始まります。

過去の後悔から心にブレーキを掛けてしまっている主人公に、あの手この手で煽って
時間停止を可能にするアトロポスウォッチを使わせてみようとするのだけど
その最初の犠牲者?w が瑠璃だったのは、何と言うか もう運命だったのでしょうかね。

その後は「相棒」として時間停止現象について調べてみたりして、二人だけの秘密の共有で
仲を深めていくのだけど、未来は未定ということで他のヒロインも魅力的な事もあって
メインヒロインである瑠璃以外のルートも変化があって面白かったです。

特に私にとって意外だったのが妹の友人のノアで、実際に作中で会話シーンを見ていると
可愛くてしょうがなかったですv(`∀´v) 

別れ際の「しーゆーです」が何だかツボってしまいました( p´∀`)p

妹の友人と図書室の先輩は、超能力だったりSFネタを主体とした
今作の本質とは少し離れた物語展開なのだけど、これはこれでなかなか楽しいですね。
先輩は他のヒロインが「あなどれない人」と言っていた通り、確かにこの人は
意外なところで行動力を発揮してしまうギャップが面白かったです( p´∀`)q

瑠璃、咲良に関しては物語の本質に関わってくるので、そこで白亜の本当の目的が分かって
その上で前向きに目標を立てて未来を目指していこうとする姿が良いですね。

白亜については…メインヒロインは瑠璃だけど、真ヒロインといえばこちらになりそうですね。

他ルートでも 主人公をどうにかしたいという白亜の目的は達成できるのだけど、
白亜自身の本懐を遂げられるのは もちろん彼女のルートだけであって、
そこで彼女の想いの深さに触れると、「世界が変わる」くらいの衝撃を受けましたよ(;´Д`)ハァハァハァ

最初はしきりにアトロポスウォッチ使うように求めてきて、いつの間にやら同居するわで
この子は主人公をそそのかす悪魔の類いじゃないかと疑っていたのだけど、
主人公に干渉して変化を促すという目的を考えると、これってちゃんと一貫した行動になるんですよね。

メインヒロインのルートである瑠璃を攻略した時点で、白亜の目的は完遂できていたと考えているけれど
それとは別に「プレイヤー側の素朴な疑問」だった、主人公の謎に高いスペックの理由だったり
世界改変、忘却設定などが絡み合って、真実が判明した時に「仮面が剥がれる」という表現は変だけど
「白亜ちゃん」を認識してからが怒涛のデレっぷりでしたね( ´∀`)q

( ´∀`)ニヤニヤ

( ´∀`)ニヤニヤ

( ´∀`)ニヤニヤ

もうね、白亜ちゃんの可愛さにはやられましたね(*´Д`)ハァハァ

日常会話はこれまでどおりなんだけど、白亜と同じセリフなのに、白亜ちゃんとなると
全く別に聴こえてくる不思議。彼女のルートをクリアした後だと、他のサブヒロイン編での会話でも
時折、優しい表情で主人公を見ているのが分かって、胸にこみ上げてくるものがありますね(;´Д`A

てか、白亜を攻略した後だと、彼女しか選べない気がするんですが( ´∀`)

まぁ、でもしょうがないか、ゲームのタイトルが
「出会って5分は俺のもの! 時間停止と不可避な運命(アトロポス)」って書いてありますし。

クリアしてから気づく、タイトルの時点で約束された真ヒロインの存在><;

もちろん不可避な運命っていうのはダブル・ミーニングになるんだろうけど
色々とプレイヤー側の受け取り方で考える余地があるのは面白いと思いました。

最後にアレシーンについては、この手のゲームのプレイ前の印象よりも
遥かに卑語率が高くて結構驚きました。無音消しなのは残念なんだけど、さすがにしょうがないのかな。

シーン的にはサブヒロインの看護婦のお姉さんキャラが突出していましたね( ´∀`)q


■まとめ■
オンライン認証のシステム以外は特に不満点はなく、シナリオの長さもちょうど良いくらいで
飽きずにプレイできました。やっぱり ほどほどっていうのは大切だなと思いました。

物語の展開的にはSF小説のネタになったり、超能力者と勘違いされたり、
そもそも白亜がアトロポスウォッチを委ねた目的、白亜自身の想いなどなど
色々な要素が詰まっていて面白かったですv(`∀´v)

ここ最近では唯一、感想記事を書いたくらい面白かったのでオススメしたいですね。
出会って5分は俺のもの! 時間停止と不可避な運命(アトロポス)

認証が「DMM Game Player必須」ですが(;´Д`)

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - アレ系 ブログトップ