SSブログ
前の5件 | -

2022.7.30 雑記。 [徒然と]

「濡れる孤島(ワッフル)」面白いですね( p´∀`)q

買うかどうか迷ってて、結局スルーすることにしていたのだけど、
メーカー本スレで体験版の評判が良かったようなので、私自身はプレイせずに
7月27日に公式通販で予約入れて、急遽 購入することに。

シナリオでは、わざとらしいくらいのヘイトの溜め方には笑っちゃいましたが、
そのあとからの困窮する様子を見てのザマー感が半端ないですね( ´∀`)

ゲーム開始してから1時間以上アレシーンも無いというのに、わくわくしながら
テキストを読み進めています。いいね、久々に手ごたえを感じてますよ( p´∀`)p

今月はそれ以外では「天冥のコンキスタ(エウシュリー)」の三部作目も同じ発売日ですね。
「天冥のコンキスタ-天上決戦編-」応援中!
コンキスタはゲームシステムはしっかり作られているんだけど、ゲームバランスが悪いという印象。
1作目なんてとりのがしたシーン回収のために二周目したら簡単に強くなりすぎて
二作目が単なる作業ゲーと化してしまってたからね(;´Д`)

今日日、難易度高いゲームは好まれないんだろうけど、これはちょっと(;´Д`)
という感じでした。三作目は超強い敵とか出てくれるのかしら。
姫狩りやってたころが懐かしいです。

他、新作じゃなくてかなり昔のゲームだけど、体験版実況が面白かったので、
中古品を探して購入しました。体験版実況を前後編合わせて6時間見たのは初めてかもv(`∀´v)



出演している二人の声優さんが、主人公をアフレコしたり、地の文を読んだりするという豪華な企画。
この人の体験版実況は面白いので、過去作でもいいので、どんどん紹介して欲しいものです。


今日はこのくらいで。

nice!(0)  コメント(1) 

同人ゲー「夏神家に起きたこと ぷらす」クリアーv(`∀´v) [アレ系]

サークルはVENUSです。

本編の感想記事はこちら→https://aumays.blog.ss-blog.jp/2021-11-07

本編では、倫理観ぶっ壊れの魔性っぷりを披露していたヒロインが
プレイヤー達のヘイトを一身に集めていましたが、新作のプラスでやっとこさ救われた感じがします( p´∀`)q

内容としては本編の裏側で起こっていたヒロインの母、「美心編」。
そして本編P活から派生する新規シナリオの「プラス編」の二つの話になります。

ゲーム開始時にどちらかシナリオ選択してプレイできるので、ややこしいことは無いです。
重複するシナリオはスキップできるようになっているのだけど、まぁここまで来たのだから
読んでいきましょうか( ´∀`)

シナリオの展開上、美心編→プラス編でプレイするのが良いでしょう。
というかプラスの購入動機って、まず間違いなく100%のプレイヤーが美心編だと思うので
順番を違えることは無いと思います( p´∀`)q

さて美心編は、魔の手が迫ってからの導入部分に甘いところがあり、
もう少し冷静になって物事を考えられないかという
良妻の理想像としての美心の印象が強すぎて、あれ?ってなったのだけど
思い返してみると美心はヒロインに対して負い目を感じていて、
そこに与えられた情報量の過多を処理しきれずに、自滅したかのようでしたね。

まぁ、でもしょうがないですよ。女を持て余していたとはいえ普通にいい人なんだしね。
これくらい口八丁手八丁で迫らないと堕ちないだろうし(;´Д`A

美心ではその導入から、ずっとくすぶっていた女を呼び起こされて、ズルズルと関係を続けてしまう感じです。
あと本編で期待していた主人公の友人も大活躍してくれて、正直シーンとしては友人の方が良かったです。

これは竿役の方に明確な愛情があるか無いかの差なんだろうけど、
たまたまヒロインの母が美人だったので「こっちでいいや」と標的を変えたのとは違い、
友人には過去の事件から続く 彼を蝕む呪いのような性癖があり、その執着の強さが出ていましたね( ´∀`)q

そして結局は本編エンディングの通り母娘W妊娠という事態に収束するわけだけど、
ここでも娘の状態によって決断が変わってしまって産むことになったりと悩ましいところです。

そしてそれを、素知らぬ顔で育てるという、女の恐ろしい一面を垣間見たぜ(;´Д`)ハァハァ

あ、赤ちゃんの一枚絵があるんだけど、なんというか本懐を遂げた感があって、それはそれで良かったです。
産む産まないの判断は別として、まぁこんなに好きなのだから想いが通じた感は受け取れました。

ちなみに竿役の最後のネタ晴らし的な部分はとても良かったです( ´∀`)
寝取りから真相を知ったことで、無理やりに変換されるのはいいですね。

これ、催眠術だと定番ネタだよね。好き好き催眠状態から正気に戻されて、
でも身体は開発されてていうことをきかないというやつ。私は催眠術2で履修済みです( ´∀`)q


この美心編は本編の裏側を描いただけなので、結末は変わらないのだけど、
新規シナリオのプラス編は流れが変わっています。

むしろこのプラス編がハッピーエンドというか、ベターエンドにするために
なんとか誤差修正して たどり着けた未来という感じがして良かったです。

そうでもしないと主人公があまりにも報われなさすぎだしね(;´Д`)

プラス要素のP活編の続きが見られるということで、本編で唯一ヒロインに興奮した
ネクタイ目隠しカラオケの続きが見れるのかと思って期待半分、警戒半分で進めたのだけど・・・

うん、こっちが本編で良くない?( ´∀`)

本編の竿役が多くの湯j-ざーにとって全くの期待外れだったのだけど、P活 新シナリオは
後ろめたさと お金と 友人関係で ヒロインを縛るので「可哀そうだけど抜ける」というシチュになりましたね。

特に公衆便所で、上を脱がされて制服スカートだけの姿で
便座に座ったP活男のションベン後の汚い珍宝を口取りしているシーンには身体が湧きたちましたよv(`∀´v)

これまで大切に育んできた関係やらを置いてけぼりにして
なんて惨めで、可哀想で、フル勃っきするのだろうか( ´∀`)

寝取られというのとはちょっと違うのだけど、私は不本意なシチュエーションが大好物なので
条件をちらつかせて、嫌だけど従わざるをえない状況というのはキますね( p´∀`)q

そしてこのP活おじさん、母娘丼までやってしまうという、全くイレギュラーな存在( p´∀`)p
ゲームタイトルバナーに「無責任中出しおじさん×母娘」というのに嘘偽りないですね。

まぁそんなこんなでバッドエンド直行なのだけど、救済があって、そこからベターエンドに繋がるわけです。
本編で最悪だった ひと夏の出来事が、これでやっと一区切りつけられたような気がします。

ちなみにベターエンドでは主人公の能力について語られるので、まぁ、今後は大丈夫でしょう。
主人公が能力を告白したことで、楔を打ち込んだ事にもなるしね。

「主人公には嘘は通じない」と。

そして起きてしまったことも受け入れられる主人公に、もう敵はないでしょう( p´∀`)q

プラス編は本編から派生する新シナリオで、本編で大批判を受けてから新しく書いた影響か
本編で問題視されていた「主人公の能力が活用されていなかった」ところも上手く使っていたので
とても良かったと思います。

この能力があったら もっと早く気付くよね。
一緒に危機を乗り切った仲間たちがいるのに相談するよね。

そういう「本編で出来ていなかったところに、新シナリオ」が対応できていたのは良かったです。


ちゃんと夏神家を終わらせられて良かったです。



■プラスの見どころ■
まぁ、美心さんが9割くらい持っていくんだけど、やっぱり一番興奮したのは「口取りピストン」ですね( ´∀`)

こういうの、本当に久しぶりに音声として聴きましたよ( p´∀`)q

古参の人には「みやスぺ」と言えば通じるでしょうか。(「芹園みやスペシャル」的な略称)
色々と言い方はあるのだろうけど、要は口達者な演者がピストンする奥義みたいなやつです。

やっぱこういうのはいいよね( p´∀`)q

久々にちゅぱ音の伝統芸能を見た気がしました。
最近、マジで無かったしね。こういうの。

nice!(0)  コメント(0) 

2022.7.2 雑記。 [徒然と]

モンスターハンターライズの拡張「サンブレイク」が発売されてから数日が過ぎましたね。
今回はマルチプレイで進めているので まったり進行です( ´∀`)

まぁ、さっさと一人で進めても 結局は最後は同じ敵を倒して材料集めるだけのゲームになるしね(;´Д`A
同じ内容を、リアルタイムに楽しめるのが重要なのでコツコツ進めていきます。

サンブレイクは nVIDIAの技術で「DLSS」というのに対応したそうで、
実際に機能を使ってみると、ボヤけた感じにしか思えなかったけれど、
シャープネスを最大の1.0にしたら、とても綺麗になりましたv(`∀´v)
(DLSS=ディープラーニング・スーパー・サンプリング:AIレンダリング技術でグラフィック性能を向上させる)

4k解像度で100%でプレイしていた(150%は重くて無理)のだけど、
それよりも4k解像度DLSS(シャープネス最大)の方がはるかに高画質でしたね。
なんか全然違うゲームになった印象。

スイッチ版からPC版のFHDの衝撃。
4Kモニタ購入後からの4K画質の驚き。
今回のDLSSの高画質化と処理の軽さに驚きです。

ソフトやハードの処理能力で、高解像度に対応していく仕組みいいですよね( p´∀`)q
アレゲーとかCGを4K塗りとかやってられないだろうし。

この前にこっそり購入した「アマエミ」にも実験的機能に「超高解像」モードがあって、
使用すると とても画面がスッキリしました。

正直なところアマエミ購入は体験版でこの機能があったからと言っても過言ではないです( p´∀`)q
もともと解像度が低めだったところに4Kモニタで引き延ばすんだから、めっちゃぼやけてたしね。


さてモンハンの話題に戻して、使用武器は、弓、盾斧、剣斧をメインで進めています。
アオアシラ弓を作った.jpg
弓は新入替技の「甲矢突き」が面白いですね( p´∀`)q

杭状の甲矢を一本差して、そこに矢を当てると連続追加ダメージが出る。
普通の近接攻撃よりも隙が少なく、拡散弓だと上手く使えそうだねv(`∀´v)

盾斧は超高出力が当たりやすくなったり、強属性ビンの盾斧が超強くなったり
カウンターフルチャージとアックスホッパーを疾替え出来たりと、
操作性の難しさに見合う強い武器になったと思いますv(`∀´v)

ちょっと楽しみにしていた「ビン追撃【撃針】」は、使いどころがイマイチ分からない感じです。
ただ剣強化してなくても、盾突きでも付与できるのはポイント。ただしGPで付与できないのは残念。

剣斧は体験版で使えた属性カウンターが使えないので、あまり新要素の恩恵を受けてない気がします。
(私は「突進縦切り」、「なぎ払い」、「金剛連斧」派なので、疾替えすらしていない状態)

剣斧は無印ライズ時代に作った、オオナズチ武具の毒装備が強いので
今のところ新武器にアップデートしなくても戦っていけている感じです。
毒ダメージ30ずつと、毒持続時間二倍は強い( ´∀`)q


■「夏神家に起きたこと+」(Ci-en)■
あともう少しですね( p´∀`)q
でも、あまり過度な期待をすると、ガッカリすることになるかもしれないので冷静に見守りたいですね。

前作の無印の夏神家では作者が奇をてらったのか、ユーザーが欲しい要所が押さえられてなくて
界隈で物議をかもしてたしね。

予想を裏切り、期待を裏切らないというようなフレーズをどこかで聞いたことあるけれど
夏神家プラスには期待通りのものが欲しいところです。


今日はこのくらいで。

nice!(0)  コメント(2) 

アレ系 「魔法少女消耗戦線AnotherRecord」クリアーv(`∀´v) [アレ系]

「魔法少女消耗戦線DEADΩAEGIS外伝月軌道会戦-CathedralEdition-版」と
「魔法少女消耗戦線AnotherRecord」をクリアしました( p´∀`)q

( '-').oO(途中まで記事書いてて、忘れていました)

本作は「魔法少女消耗戦線」のFD・・・というか続編です。
本編の感想はこちら→https://aumays.blog.ss-blog.jp/2021-04-17



いやはや圧巻でしたね。

本当に圧巻。

私は本編を通常版で購入したので外伝である「月軌道会戦」には触れていなかったのだけど
新作のアナザーレコードの「カテドラル版」には本編豪華版に付属した外伝が付いてくるので、
これで完全に補完できたことになりますねv(`∀´v)

本編通常版+アナザーレコード カテドラル版 か、
本編豪華版+アナザーレコード             このどちらかの選択で物語の網羅はOK。

物語的には本編にもう一つ分岐を加えたような感じですね。
8月の大侵攻時のカテドラルで起きた反乱を、どうできていたかという感じで。
あの時、あのタイミングでイリューシャがどう立ち回ったかというルートになります( p´∀`)q

アナザーレコードというタイトルは付いているけれど、実質的にはグランドルートと言ってもいいでしょう。
ただしこれは本編の天使ルートがあっての話で、もし本編に組み込まれていたらシナリオロックはあったね。

特典の「【魔法少女消耗戦線AnotherRecord】デジタルラフ原画集」を読んでみると
最初は本編をミドルプライスで作りたいということだったらしいけれど、本編の天使ルートでさえ
通常のフルプライス並みのシナリオ量がありましたね。それでシナリオコンプだったとしても問題ないくらいに。

それがふたを開けてみると3人生存ルート(月ルート)もあったりで、
予想を超える内容でビックリしたものです(;´Д`A

月ルートは本編に入るか入らないか結構ギリギリだったそうで、デジタルラフ原画集にある
そういう裏話や対談も面白かったです( p´∀`)q

アナザーレコードでは本編と関係ないパロディ的なものと、本編を補完する小話と
最後のグランドルートが描かれていました。小話がまたすごく良い出来で、
「アリシャ・オラオンは死んだ」が代表的な物語になってます( ´∀`)q

仲間の死の瞬間、それまでの記憶が流れ込んでくることがあるんだけど、アビーは・゚・(ノД`)・゚・

一瞬の輝きといえばそれまでなんだけど、この人、ここにいてはいけない人だけど
そこで尊厳を破壊されていくというのが悲哀を深めますね・゚・(ノД`)・゚・

本編を補完する小話だからモブキャラにスポットを当てた話なのは理解しているけれど
ああ、登場人物やそれぞれ生きて来たんだなというのが分かって感情移入が高まります。

アナザーレコードで本編から零れ落ちた話が拾われていくのは良いと思いました。
普通FDとかいったら、本編の人気キャラの追加アレシーン出しておけばいいやって感じが
多い印象だけど、今作はちゃんと物語してたのが良かったです。

もちろん本編の人気キャラに追加シーンも ちゃんとあって、そっち方面でも補完出来ていました。

まぁ、お嬢ですよね( p´∀`)q

CVを決める時も、決め打ちで役を振って、まさか受けてもらえるとは思っていなかったとか。
うん、ホントそう。声聞いて私もビックリしましたしね(*´Д`)ハァハァ

声が身体に沁みるんですよ。
声を聴いてるとなんだか血行が良くなってる気がする。
そんな感じしませんか?( ´∀`)


■まとめ■
今からでも遅くはないので、本編とカテドラル版の二本を大人買いしましょう( p´∀`)q

本編をプレイした人には買わない選択肢はないはずないですからね( ´∀`)q


nice!(0)  コメント(0) 

2022.5.13 雑記。 [徒然と]

相も変わらず、毎日、PC版モンハンライズとステラリスをプレイ中です。
毎日同じことをしているので、いちいち書くほどのことがないんだよね(;´Д`)

ステラリスについては追加DLC「オーバーロード」が発売されたので購入してみました。(今回で標準で日本語化)

内容としては従属国に焦点を当てたもので、さっそく「帝国封土」を起源としてゲームを開始したのだけど
ゲーム開始して早々に宗主国が後継者争いで分裂、従属国が解除されてしましました(;´Д`A

軍事を受け持つブルワークを担当して、戦争を中心に暴れてみようと思ってたんだけど
暴れる前に終わってしまいましたね(;´Д`)

あとは延々と領土拡大ってなってしまって、いつものゲームになってしまったので、終了。
うーん、なんだか微妙だ(;´Д`)

あと帝国封土と宗主国の関係は、どうしても隣接して始まるので、領土拡張する時は
道をふさいじゃうと他の国が領土を広げられずに結果的に国力が落ちてしまうのではと感じました。

銀河のサイズを大きくするとか、ハイパーレーンの密集度を変えるかしないと難しそうです。


■VenusBlood SAVIOR(OHP)■
バージョンアップしないなぁってことで、そろそろ始めようと思ったらいきなり2.01になってました。
ゲームを始めてみると、セーブするタイミングで、かなりの確率で強制終了します。

作品別スレ見ても そんな症状は見かけないけれど、これ、私の環境だけ?(;´Д`)??


今日はこの辺で。

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -