So-net無料ブログ作成
一般ゲーム ブログトップ
前の5件 | -

TOS_2020年1月8日アップデートの新要素に触れてみた。 [一般ゲーム]

「Tree of savior」 2020年1月8日アップデート内容。

全体


アーツの追加


スキルバランス


TOS_首を鍛えています。.jpg私のメインキャラは「ソーサラー」&「シャドウマンサー」を主軸とする
いわゆる趣味ビルドで、触ってて不自由はしないものの、
高ランクのコンテンツには参加を躊躇するような組み合わせなので
ひっそりと過ごしていたのだけど、今回のアップデートで
スキル係数が1桁増えたおかげで少し楽になった感じです。

持続連打系と単発高威力のダメージが均衡になった印象。
エレメンタラーのメテオなんて15000%とかだしね(;´Д`)ハァハァ

ということで、シャドウマンサーの攻撃スキルも強化された
はずなんだけど、全く実感がないですね( ´∀`)マジで

OHとかスキル係数とか二連打とか持続ダメージとか
計算上はそこそこなんだけど、やっぱり弱いです。
シャドウマンサーは対人仕様で強さが抑えられてる気がします。

普通にゲームをプレイするだけならセージの方がバランスよく超強化されてる気がします。
本当に…隣の芝生は青すぎるぜ(;´Д`A

さて、新要素としてはアーツですかね。
アーツを覚えるためには「神秘の書のページ」と「女神の祝福石」が必要らしいのだけど、
今回は「ドタバタ!スタンプツアー」のイベントで1つ入手できたので早速、目当てのものを作ってみました。

「[イベント]未分類神秘の書」を使って、神秘の全集:ウィザード3巻を作ります。
TOS_2020_1_8_アーツ。イベントで入手した未分類を使って欲しいものを選ぶ。.jpg

今回はイベントで貰ったのを使って作っているけれど、実際に集めて作ろうとしたら
ちょっとマゾいかも。神秘の書のページが自力では入手困難だしね。

一応毎日?あるワールドボス撃退の宝くじで当たると言えば当たるのだけど・・・うーん。
毎日10枚ずつ誰かが当てて、それが30日、3か月と続けばそのうち飽和してくるかな?

今回は「サモニング:自我」を選びました。
TOS_2020_1_8_アーツ。外れは無い。欲しいものを必ず選べる。.jpg
習得に特性ポイント36000とか…(;´Д`A
とはいえ、ある程度 制限を掛けておかないとアーツ全種類持ってるのがデフォになったりすると
ゲームの敷居が上がってしまうので、これはこれでしょうがないかも。

まぁ、これに合わせてイベントで大量の特性ポイントが貰えるイベントをやっているわけですが。

この「サモニング:自我」は、ソーサラーの「サモニング」スキルの特性に追加されて、ON・OFFできます。
内容的には自我ON時はオベイ不可になるけれど、召喚した悪魔型ボスモンスターが
ランダムでスキル2とかスキル3を使ってくれるようになるものです。

フロスターロッドを自我で動かすと、適当にスキル2やスキル3の範囲連打攻撃してくれるから楽ですね。
あと、オベイの強化特性も影響するので、オベイ特性Lv100は当然ですね。※オベイ特性Lv100は安いです。


他、スキル係数の変更について。
ほぼすべてのクラスのスキル係数が大幅に上昇するようになったことで
一部だけど召喚獣のスキル係数も大幅に上がっています。

私の精神力はおおよそ1000。ロッドの魔法攻撃力は8600+720というところ。

「ネザーボバイン」に「オベイ」してスキル3の「前足ドーン!」 変更前 174% → 変更後 4262%
TOS_2020_1_8_スキル係数の変更と一部サモニングボスモンスターの強化.jpg

「ネザーボバイン」に「オベイ」してスキル2の「雄たけび衝撃波」 変更前 99% → 変更後 1025%
TOS_2020_1_8_ネザーボバインのスキル2の衝撃波4連打も この威力.jpg

ちなみにアーツ「サモニング:自我」だと、これらのダメージは60~70%くらいになるというところでしょうか。

それでもスキル1しか使っていない状態と比べればはるかに強力で、オベイしなくても良いので
タコ殴りに合う事もないのが最も大きいです。

現状だと私の考えではアーツ込みだと「ソーサラー」+「パイロマンサー」+「エレメンタラー」あたりのビルドが
良いかなと考えています。・・・まぁパイロ+エレだけで完結しているようなものですけどね。
でもシャドウマンサーを入れなれないと、コスチュームを着れない・゚・(ノД`)・゚・

色々と考えるけれど、結局は「ソーサラー」+「シャドウマンサー」+「陰陽師」に落ち着くんだろうなぁ。

ただしこのサモニングのスキル係数の強化なんだけど一部だけになっていて、
それ以外の漏れたボスカードは弱いままです・゚・(ノД`)・゚・

強化されているのは、
「ネザーボバイン」、「テンプルシューター」、「ジャウラ」、「フロスターロッド」、「マルノックス」、
「コルカス」、「イグナス」の7体だけのようです。

BOT対策なのか、不動型は強化されなさそうでつらい。
てか、この7体しか実用じゃなくなると、その日の気分で召喚選べないじゃないか。

サモニング:自我で、「スパルナスマン」の魔弾バラマキとか、「ヌオダイ」でヘイル降らしたり、
色々と面白そうだったのに。今後に期待したいところです。

あ、争奪戦で使ってみて、良さそうだったのはジャウラです。攻撃範囲が超広くて高威力。

攻撃力が高くなっていい事ばかりですが、デメリット的な変更になった点もあります。

召喚獣の攻撃力は昔から武器の魔法攻撃力と青石、そして精神力だと言われていたけれど、
今回のアップデートによって召喚獣はプレイヤーと別個の存在というよりも同一体的な強さになりました。

何のことを言ってるかというと、HPと防御力です(;´Д`A
表示が正しいのか分からないけれど、サモニング悪魔のHPが70000くらいしかなくて、
防御力はプレイヤーの防御力と同じ感じです。

つまりは防具はクロース派の私のサモニング召喚獣は柔らかいのですよ(;´Д`)ハァハァ
柔らかくてもHPが100万あれば平気だけど、自分と同じくらいの身体防御なので
ソロチャレンジ6とかになると溶けるのが早くなります。

工夫としては1体目の召喚獣のHPが溶ける前に、モーフでサブカード召喚獣を呼び出すことだけど厳しいです。
ちょっとマジで青カードのジャウラ★10を3枚用意しないと召喚獣が柔らかいままで悲しい思いをしそうです。


今日はこんなところです。

(追記)

真っ当な手順でアーツ書を作ってみようとしたら、こんな感じでした。
TOS_2020_1_8_真っ当な手順での神秘の全集の製造.jpg
現状、神秘の書のページはマーケットで3M~5Mというところ。
女神の祝福石は毎日2個ずつは溜まっていくのでアーツ書の入手自体は現実的な範囲内ですね。

アーツは「陰陽太極:陰陽反転」を選んでおきました。
実はサモニングの召喚獣を生かすために、クリオマンサーの氷漬けにしてサポートに回ろうと思ったのだけど
クリオマンサーのアーツ「魔法イグルー」の効果が微妙な感じだったので諦めました。

それに、そもそも私には、ボス攻略火力が無いですからね(;´Д`)ハァハァ

陰陽反転は徐々に狭まっていくので当てにくいものの、さいわいシャドウマンサーには
足止めスキルがあるので、それで移動不可にしてから真ん中にくるような間合いを覚えていきたいですね。

※ブラウザの「Google Chrome」では表示されないようですね。「Microsoft Edge」ならOK。

「レサジー」→「シャドウファッター」→「陰陽反転」という感じで使うとよいでしょうか。

シャドウファッターはお荷物スキルだったけれど、やっと役に立つかも。
※シャドウファッターは5体までしか移動不可にならないので、マグネティックフォースや
ディメイションコンプレッションで集敵しても抑えられないという中途半端な性能です。

あと、ボスとかの突進系のボス用スキルも移動不可とは関係ないので動いてしまいます。
あくまで移動できないというだけで行動はできちゃうので。

動画で音楽が違うのは、好きな曲を選んで流せるようになったからです。
画面右上ミニマップのところの「♫」をクリックすることでプレイヤーが開きますよ。

(追記2)

サモニングのボスカード召喚獣の一部が大幅に強化されたので、チャレンジ6段目行ってきました。

能力値から分かるように、特にこれといって目立つような装備品も無いです。

戦闘は「サモニング:自我」を起動して、召喚獣で戦うではなく、召喚獣と一緒に戦う感じで進行です。

動画中、半分くらいはSP切れで逃げ回っていたのだけど、よくよく見ると「酷使」ONのままでしたね(;´Д`A

召喚獣としては「ネザーボバイン」をチョイス。自我でスキルを自動で使ってくれるとはいえ、
クールダウン時間は存在するので、クールダウン時間が短い召喚獣だと当然、回転率が上がります。

フロスターロッドもクールダウン時間は短いのだけど、ノックバック、ノックダウンさせられないので
被弾が多くなって召喚獣もプレイヤーも消耗が激しくなります。

他、クールダウン時間は短い事はないけれど、スキル数の多い「テンプルシューター」は多く使える分、
回転率が高いような錯覚を受けますね。

…愛用していた「ミノタウロスカード」も強化されないかしら( ´∀`)
狭い場所で素振りしているだけで、敵は壁と地面をバウンドして完封できるから楽だったんだけど。

そういえば「サモニング:自我」の挙動は、その時点で使えるボススキル3、ボススキル2とかを
優先して使っていく感じです。つまりは召喚直後は自我状態だと、すぐにボススキル連発という感じ。

サモニングの運営としては例えば、「ジャウラ」を召喚して「雄たけび」と「回転切り」を使ったら
モーフで「ネザーボバイン」のサブカードへ切り替え。ネザーボバインで攻撃しつつ、
サモニング自体のクールダウン時間が終わって召喚できるようになったら、またジャウラを呼び出す。
サモニングあるあるですが、一応。

ちなみに動画では逆にカード配置しているのだけど、なんか最近、「モーフ」の失敗率が高くて
ヒィヒィ言う難易度の戦いでは信頼性の高いのを一枚目に装備しています。


nice!(0)  コメント(0) 

え? 終わり?( ゚д゚) [一般ゲーム]

TOS終了だそうです。


NEXON運営から、開発元がサーバー直営するらしいのだけど、データ移行がないそうです。

ないそうです

ない

(ノ `皿´)ノ ==== ┻--┻


サウレ鯖で半年かけて育てたキャラがアカウント乗っ取りで取り戻せず、その後に
ライマ鯖で心機一転、育て始めて ようやく超越10武器が完成、
レジェンドカード以外は揃えたソーサラーが復活したというのに、また振り出しですか(;´Д`A

最近やっと資源争奪戦にも慣れてきたというのに(;´Д`)

頭が真っ白というか、目の前が一瞬、真っ暗にはなりましたね(;´Д`A

ひじょうにガッカリした気持ちになったけれど、NEXONでのTOSサービス終了が
11月末なので、その頃には心の傷も癒えて、普通に初めてそうで怖いぜ(;´Д`A

極めるほど装備品を揃えていないし、新スタートでも超越ドロップもあるはずなので、
「それなり」の力なら取り戻せそうだけど、自分的には3回目のリセットとなるので苦しいところです。

「ソーサラー」+「シャドウマンサー」+「陰陽師」
「クリヴィス」+「パラディン」+「ジーロット」
「アルディーティ」+「アサシン」+「ローグ」
「フェンサー」+「マタドール」+「ホプライト」

クレリック系統は、クラスアイコンが世界樹のスリーカードで揃えたお遊びビルドだけど、
作り直すのはつらいなぁ(;´Д`)

てか、昨日9/24にやっとソードマン系統のキャラがLv400に到達して、
ドロップ品の超越10レイピアを装備できるようになって喜んでいたところなんだが(;´Д`)
TOS_データ移行なく新サービスへ.jpg
あーあ、あーあ 

うーん、とりあえず、今日届いた
「冴えない彼女の育てかた」のBlu-rayBOXでも鑑賞しますか( ´∀`)q

(追記)

-----------------------------------

[2019/09/26 11:00 追記]
お知らせの掲載後、皆様より様々なご意見を頂き、
データ移行についてIMC Gamesと協議した結果、
ご同意いただいたプレイヤーの皆様のゲームデータを移行することになりました
方針の変更により混乱を招き大変申し訳ございません。
ゲームデータの移行についてプレイヤーの皆様に追加の対応をしていただく必要がある場合、
改めてお知らせいたします。

NEXONからIMC Gamesへの個人情報提供同意の手続きを通じて、
既存NEXONプレイヤーの方々に新しいサービスでの事前登録プレゼントや
NEXONサービスでの有償TPの使用規模に応じて追加特典をご提供する予定です。

特典のお受け取りをご希望のプレイヤーの皆様は以下のページより、
各項目にご同意いただき、詳細に関しましてはIMC Gamesからのご連絡をお待ちください。

IMC Gamesへの情報提供について
[2019/09/26 19:10 追記]
※NEXON IDに登録されているメールアドレスが、現在使用中のメールアドレスか必ずご確認の上、
 ご同意いただきますようお願いいたします。
 有効なメールアドレスではない場合、新しいサービスの特典は受けられません。
 すでに申請されている方で誤ったメールアドレスをご登録されている方につきましては、
 NEXONによるサービス終了時までにメールアドレスの変更手続きを実施いただきますようお願いいたします。

-----------------------------------

( ´∀`)ほっ

しかし一日で話が変わるとか、ビックリです。
会社内もめちゃくちゃなんじゃないかな、コレ。

TOS_首を鍛えています。.jpg個人的にはヘアアクセサリ1の
「首が鍛えられる本」を手放すことがなくなったので安堵です。

…ゲームデータってアイテムもだよね?(;´Д`A

なんかまだまだ不安が残るけれど
首の皮一枚は繋がったという感じでしょうか。



今日はこのくらいで。


nice!(0)  コメント(0) 

PCゲーム 「Tyranny」を遊んでみよう! 天昇の間を確保する [一般ゲーム]

キャラ作成編:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01
チュートリアル:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01-1
布告を止めろ!1:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-16
布告を止めろ!2:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-19
天昇の間を確保する:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-26


ヴェンドリアンズ・ウェルの要塞に到着しました。
さっそく防衛についてターキス・アーリと打ち合わせをします。
Tyranny_最後の戦いが始まる.jpg

ここに着て、ヴェンドリアン・ガードとの友好度が最大になったので、友好アビリティが解禁されましたv(`∀´v)
Tyranny_このタイミングで友好アビリティが解禁されました.jpg
その名も「サン・スピア」。炎上効果を持つ貫通する投げ槍を放つアビリティです( p´∀`)q

まだまだゲームも序盤で、強力な印章魔法が用意できない状況での このアビリティの解禁は大きいです。
ダメージも、貫通する飛距離も、炎上効果も どれもが最大級のアビリティです。

クール時間が基本2分から短くなっているのは技量による効果ですね。
命中判定も「火炎の操法」+「両手武器」とあるので、今回の主人公キャラとスキル構成でも合致しています。

さっそく要塞の東側の守備に回ることになったので、そちらで試し撃ちです( p´∀`)q
Tyranny_覚えたての勢力アビリティ「サン・スピア」で攻撃する.jpg
この素晴らしい威力! 敵を多く巻き込めるように位置取りに注意して投擲しましょうv(`∀´v)

今回のTyrannyの記事は、本来の二大軍閥のどちらかに味方するルートではなく、
イレギュラーな敵側に付くレジスタンスルートを辿っているので、戦闘は当然、これまで味方だった
ディスフェイバードとスカーレット・コーラスになります。

味方としてはあまり気にならなかったのだけど、やはり数が多いので、その組織力で圧倒されてしまいます。

そしてここに来て鋼の元帥エレノスまで登場。ディスフェイバードのNo.2です(;´Д`A
Tyranny_死闘の始まり.jpg

初プレイでこのルートをプレイするのは、泣きが入るんじゃないかと考えているんだけど
実際にプレイしてみた人はどうでしょうか。

私の場合は、この記事のために1から魔法戦士として育ててここまでやってきたけれど、
かなり泣きが入りそうになりましたよ(;´Д`)ハァハァハァ

魔法使い系キャラでの二周目のパス・オブ・ダムドでも泣きが入りそうでした。
というわけでこのルートの戦闘はやっぱりきついと考えています。

ハード以上の難易度はそれなりなので、一気に叩くのが一番の勝利の近道だと考えているので
瞬間高火力を出し惜しみなく放てるように頭を切り替えていかないと厳しいと思います。

そうです、困った時はアイテムと、仲間との合体技を使っていけば良いのです( p´∀`)q
Tyranny_困った時は合体技で防御を丸裸に.jpg
鋼の元帥エレノスはひじょうに強力な敵です。もう、泣かされまくりですよ・゚・(ノД`)・゚・

両手剣による攻撃力の高さもあるのだけど、近接回避も高いので武器が当たりません。
当然こちらとしてはバリックに当たらせるのだけど、バリックの攻撃がグレイズだったり
高いダメージ抵抗値によって-1ダメージばかりです(;´Д`)ハァハァ

これは敵の状態を見れば分かるのだけど、基本となるダメージ抵抗が-10。
斬撃と刺突には-14になっていてよりダメージが通りません。

打撃に言及がないので、打撃に関しては基本の-10というところでしょうか。
物理攻撃するなら重装系の相手には打撃武器が良いということが分かりますが、
ここではよりダメージが通りやすい攻撃属性に着目してみましょうか。

そうです、火炎に関するダメージ抵抗は0です。グレイズやヒット判定はあるものの
火炎属性の攻撃であればダメージはそのまま通るので、火炎の印章をフル活用していきましょう。

特に状態異常の、獄炎とか炎上効果のある攻撃は持続ダメージで作用するのでねらい目です。
炎上効果ならヴェルスの固有弓アビリティで炎上効果付与のものがあります。

また、コンクエスト1で「首府バスタード制圧」にてコーラスを支援せず、炎の印章を入手していない人には
是非にディスフェイバードで商人が扱っていた「氷結の基本印章」を用意して、それに「霜炎の修飾印章」を
加えることで、凍結状態+獄炎状態の複合ダメージ化するので参考にすると良いでしょう。

またコーラスの野営地で購入した「活力の基本印章」と「同調の表現印章」を組み合わせた
「サージ・オブ・グローリー」も忘れてはいけませんね( p´∀`)q

力の修飾印章を使ってダメージアップ率が上昇しています。
Tyranny_活力の印章「サージ・オブ・グローリー」を使っていこう.jpg
味方の後ろからラントリィあたりに使わせて前衛キャラを収めるように放つと良い感じです。

ここでいう+38%というと漠然としていて分かりにくいと思うので、キャラクターシートで確認してみましょうか。
Tyranny_活力の印章「サージ・オブ・グローリー」は強力!.jpg
左側の武器攻撃力の 16 - 21 の横に (+11) とあります。これは大きいと思います( p´∀`)q

このサージ・オブ・グローリー効果がバフされた状態で、大技を当てたいですね。
流れ的にはこの後に「サン・スピア」を使ってから、近接攻撃に移ると良いかもしれません。
サンスピアには破砕効果(斬撃、刺突、打撃抵抗を-5下げる)もありますしね。

ディスフェイバードの鋼の元帥を倒したのもつかの間、別行動していたコーラス隊が防衛線を破って
要塞内部に侵入しました。
Tyranny_コーラス隊の侵入.jpg

すぐに後を追いかけて…というところだけど、その前に慌てず、机の上で点滅する
オブジェクトをクリックするのを忘れてはいけません( p´∀`)p
Tyranny_こんなところにも基本印章が.jpg
なんと「力の基本印章」です。修飾ではないです。

これでここまでのゲームプレイで発見した基本印章は7つになりました。
Tyranny_これで基本印章は7つになりました.jpg
力の基本印章は敵を吹き飛ばしたり、衝撃によってリカバリー時間を増大させたりなど
補助的な効果が多い感じです。私としては…あまり使いこなせなかった記憶があります(;´Д`A

さて死屍累々の要塞内を駆け抜けると、奥の天昇の間では追い詰められて、ギリギリのタイミングでした。
Tyranny_会話の選択で敵の戦意を挫く.jpg
いよいよ最後の決戦ともいうべき場面でしょうか。
会話の選択によって敵の戦意を挫いて、敵魔法使いを去らせました( p´∀`)q
体術での選択は物理系の敵の数が減るのだけど、個人的には炎上効果をバンバン使ってくる
敵後衛魔法使いの方が厄介かなと思っての選択です。

フィフス・アイは、鋼の元帥と同じく強敵です。ここでの戦闘は後衛の弓使いや
突っ込んでくる軽装の前衛の始末に時間が掛かると戦線を維持できません。
結構、ここはロードを繰り返して戦いましたよ(;´Д`)ハァハァ

ここでも基本はバリックが前衛を受け持っている間に、主人公とヴェルスでいかにして瞬間高火力を出して
瞬殺していく事が重要です。瞬殺は無理でも、炎上や獄炎効果をもつ攻撃を切れ目無く行い
確実に削って、一体ずつ倒して行きたいですね。

主人公とヴェルスの合体技。ヴェルスを空中に放り投げて空中から矢を連打する。
Tyranny_合体技で畳み掛ける.jpg
強力ゆえに一度使うと、野営道具なんかで休息しないと使えないけれど、その分 強力です。
特にこの攻撃は装甲貫通効果もあるので、重装備の相手にも効果が出ます。

そしてついにフィフス・アイに膝をつかせました。
Tyranny_フィフス・アイに膝をつかせる.jpg
いやはや辛い戦いでした。もう二度と戦いたくないですね(;´Д`)ハァハァ

そこからは布告の解除と、「スパイア」の起動が起こり、
Tyranny_眠っていたスパイアが起動する.jpg

謎の巨大建造物「スパイア」へ転移した主人公たち。
Tyranny_スパイアの頂上に転移していて困惑する一行.jpg

主人公は布告を停止させる条件(剣の日までに天昇の間を占拠する)を満たし、それと同時に
大陸のあちこちにそびえ立つ「スパイア」と呼ばれる巨大建造物の1つを
所有することとなり第一章が終了します。(ティアーズの地にはスパイアは5基あります)

Tyranny_第一章の結末1.jpg

布告が解除されたので、協力する必要がなくなった二大軍閥は これより公に内部抗争を始める。
Tyranny_第一章の結末2.jpg

ここにきて、ことの経緯を説明を求められる主人公。
Tyranny_第一章の結末によって黙っていないのは上司である正義のアルコン、チュノンでしょう.jpg
まぁ、当然でしょう。二大軍閥に協力したり仲裁してカイロス軍が天昇の間を占拠するはずだったのが
主人公個人の判断で敵側を味方につけて天昇の間を占拠、その後スパイアが起動し
所有することになったのだから(;´Д`)ハァハァ


そういうわけで、こんな感じで第一章は終了です。
かなりダイジェストっぽい流れになったのだけど、どんな感じでしょうか。

このゲームの事が少しでも周知され、楽しんでもらえたらな幸いです( p´∀`)q

キャラ作成編:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01
チュートリアル:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01-1
布告を止めろ!1:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-16
布告を止めろ!2:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-19
天昇の間を確保する:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-26



■オマケ■
少し先の話。

このゲームは装備品を強化するには、それに対応したスパイアを所有することで可能になります。
Tyranny_金床をクリックすると強化する画面が.jpg
最初、これに気が付かなくてバリックが凄く柔らかかったですq(`∀´;q)

あと強化するには材料も必要なので、基本的な材料を時間と共に自動作成する人員は
お金を払って雇っておく必要があります。(冒険の途中で拾えるけれど数が足りない)

気に入った武器があればドンドン強化していきましょう。
強化する価値があるといえばおかしいけれど、特殊効果がついているものが良さそうですね。


他、このゲームで詰まったといえばDLCのバスタード・ティアのダンジョンでしょうか。
Tyranny_橋が架かっていない向こう側でもボタンは押せる.jpg
ちょっと適当なスクリーンショット画像が無かったので、これを引っ張りだしてきたのだけど
仕掛けのあるダンジョンで、向こう側に解除ボタンがあるのに、
どう歩いても行けない場所があって随分と悩みました(;´Д`A

正解は、向こう側のボタンでも遠隔でマウスクリックしたら押せる点です。
どうやらゲーム中のキャラクターが踏まなくても大丈夫なようです。

このDLCは結構敵が強いので後回しにするか、最初の方に訪れて
強力な印章を探すかなどプレイヤー個々人で攻略時期を考えてみると良いです。

ちなみに私はこれがDLCとは気が付かずに、やけに敵が強く、
隕石みたいなものが降ってくる攻撃をしてきて驚愕した記憶があります。

nice!(0)  コメント(0) 

PCゲーム 「Tyranny」を遊んでみよう! 8日以内に布告を止めろ!2 [一般ゲーム]

キャラ作成編:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01
チュートリアル:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01-1
布告を止めろ!1:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-16
布告を止めろ!2:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-19
天昇の間を確保する:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-26

メインクエストを受注したので、各地へ移動するわけだけど、順番はこれといって無いかな?
とりあえずは一番遠いところから向ってみることにしました。

その前に仲間と会話はしていますか?( p´∀`)p
人によっては新しい基本印章を教えてもらうことができます。

ラントリィの場合だと…
Tyranny_ラントリィと会話して新しい魔法をげっと.jpg
こんな感じで教えてもらいます。

キャラによっては友好度や恐怖度が必要な場合があるので、仲間との関係性は良くも悪くも
進めて行ったほうが良いですね。

回復魔法をスペルクリエーションするついでに修飾を加えて距離を伸ばしておきます。
Tyranny_回復魔法を用意する.jpg
初期の距離だと2mなので、後衛キャラが盾役のバリックを回復させに行こうとすると
他の敵に絡まれて逆にやられてしまう事があるので、これまでの攻撃魔法以上に
この4mという距離に延長というのは見た目の数字以上に大きいです。

その分 必要となる伝承スキルも大きくなるので、魔法キャラではないバリックやヴェルスには
厳しいですけどね(;´Д`A

ちなみにラントリィが初期装備している「活力の基本印章」はコーラスの野営地の商人が売っていました。
こちらも「氷結の基本印章」と同じく値段が高いので、購入資金をかき集めたいところです。

戦闘の基礎としてはそろそろ大丈夫でしょうか。
盾役のバリックに突っ込ませて、挑発して囮になるアビリティは使っていますか?( ´∀`)q
Tyranny_狙われやすい後衛者を挑発を駆使して標的から外す.jpg
投げ槍とか弓矢の攻撃が、後衛に届かないように向こうの遠隔系攻撃をバリックに集中させるのも手です。

役割分担としては、ヴェルスは技量の体力が低く、打たれ弱いけれど、
防御力で「回避(遠隔攻撃をミスさせる)」が高いので、近接をバリックがパリーで受け持ち
遠隔はヴェルスが回避で受け持つという形でも面白そうですね。

敵の攻撃に耐えられないようであれば、とりあえずはコーラスの野営地で見つけた幻影の基本印章を使って
「スペクタル・ブラー」をスペルクリエーションして、戦闘に突入する直前に掛ければよい感じです。
Tyranny_戦闘前には幻影のスペクタル・ブラーで保護.jpg
この魔法は攻撃を受けても一定確率で命中判定を下げる効果があるので地味に強力です。
力の小印章で修飾するとデフレクションの%値が上昇するのは覚えておいたほうが良いでしょうか( p´∀`)q

さてトリップネトル荒野では、ヴェンドリアン・ガードのフロリアンと対峙します。
Tyranny_フロリアンと交渉する.jpg
自分は巻き込まれているだけだと主張してみることに。

基本的には主人公はカイロスの下、正義のアルコンのチュノンに忠実に仕えているのだけど
キャラ作成時の出自の選択によっては、これらの選択をしてもおかしくはないですね。

会話の選択肢を吟味して、フロリアンを見逃す事にします。
Tyranny_フロリアンを会話の選択によって逃がす.jpg
今回の紹介記事では、到達することが難しいルートで話を進めようと考えています。
通常のゲーム展開であれば、二大軍閥の「ディスフェイバード」か「スカーレット・コーラス」の
どちらかに肩入れするかになると思うのだけど、そのどちらでもない展開を目指します。

それ故に少々、激しい戦いになるかもしれませんが( ´∀`)

あ、そうだ、ここでの交渉後、背後の荷物から修飾印章が得られます。
Tyranny_霜炎の印章をげっと.jpg
霜炎の修飾印章は特殊で強力なため、覚えるだけでも高い伝承スキルを必要とします。

この霜炎の修飾印章は、炎か氷結の印章に、それぞれ正反対の「獄炎」or「凍結」の状態異常を付与するもの。
Tyranny_霜炎の印章で修飾する.jpg
試しに「シアリング・パルム」に霜炎を修飾してみると、ダメージの項目が二重ダメージとなり、
状態異常も凍結状態が追加されました。

ちなみに凍結状態というのは動きを緩慢にする効果もあるのだけど打撃武器へのダメージ抵抗を
削減する効果もあるので、ヴェルスが二刀流で打撃武器なんかを装備している時に有効です。


さて、フロリアンを逃がしたので、次の目的地「エコーコール・クロッシング」へ向います。
ここでは川を境に抵抗を続けるヴェンドリアン・ガードを退けて、
川向こうの拠点を攻略する事が求められているメインクエストの一つです。

この辺りまでくると そろそろレベルも3に上昇している頃でしょうか。
今回はレベルアップ時に基本物理攻撃アビリティのスラスト強化を進めます。
Tyranny_スラストを極める_刻印.jpg
「スラスト」という物理攻撃アビリティの特徴は、効果を重複させる事ができる一撃を放つ事です。
画像では「マークエネミー」効果の紹介しているのだけど、これはヒット命中時に「刻印」を付与する
状態異常攻撃効果が追加されます。

主人公キャラクターのアビリティを順番に見ていくと分かるのだけど、スラストを強化する追加アビリティは
たくさんあります。刻印の他、盲目を取得すれば当然、物理攻撃と共に刻印+盲目を負わせることにより
戦闘を有利に進める事ができます( p´∀`)q

ちなみに刻印は命中が+20で計算されるので攻撃が命中しやすくなり、盲目状態の敵は
相手の命中が落ちるのでダメージを受けにくくします。今回はマークエネミーの刻印だけを取得したけれど
後には盲目効果を覚える予定です。これぞ攻防一体というものではないでしょうか( p´∀`)p

さっそく取得した霜炎の修飾印章を駆使して敵を橋を防衛している敵勢力を撃破します。
Tyranny_霜炎の印章により複合ダメージ.jpg
命中や防御の解説は詳しくしなかったのだけど、戦闘ログを見ると内訳が分かります。
ピラーズオブエタニティと比べると命中の算出が変わっているので、その点には注意したいですね。

ゲームをプレイしていた感触としては、基本的には攻撃魔法ほど上がりやすい印象です。
初回プレイで炎系の操法スキルは かなり終盤で基本印象を入手したにも関わらず、
ゲームクリア時には最もスキルレベルが高くなっていました。

ただ炎の印章で注意する必要があるのが、炎対策されている敵が多く感じられた点。
重装備相手には効きづらい感じでした。敵の防御抵抗値は確認しておいた方が良いでしょうね。

そうこうしている内に、あっという間にレベルアップしました。
Tyranny_レベルが4になった.jpg
先ほど上で話題に挙げたスラスト強化の盲目を追加アビリティを選択しました。
これによってスラストの攻撃が刻印+盲目効果となり近接での殴り合いが有利になりました。

スラストは近接系の主人公向きのアビリティなのだけど、敵の魔法属性抵抗を下げたり、
交戦を解除する効果もあるので、魔法使い系の主人公の場合も考える余地があると覚えておくと良さそうです。

橋での攻防に勝利し、川向こうの集落へ侵攻します。
集落内では散発的な抵抗はあるもののひとつずつ対処して奥へ。

この集落の防衛を担っていたマタニと会話し、この前のフロリアンと同じく逃がす事にします。
Tyranny_マタニと会話し、逃がす.jpg

マタニを逃がした後はこの集落はカイロス軍のものとなり、うろうろしていると怪しげなおっさんを発見。
Tyranny_ついでに集落内をうろつくと、怪しげな人物と入れる扉が.jpg
その老人の家と思わしき背後の扉を蹴破って中に入ると、フォージ・バウンド製の鉄の延べ棒を発見。
濡れ衣だと騒いでいるけれど、さてどうしましょうかねq(`∀´;q)

鉄というのは武器になるので軍需物質です。しかもこの鉄はカイロス軍お抱えの鍛冶集団の印がついたもの。
当然、盗まれた、どこかから盗んできたものが敵側に渡り、今回の大規模な反乱に繋がっているとなると
到底見逃せない状況です。

実はこの話、とんでもない闇みたいなものが存在するのだけど、まぁこの段階では分からないので
処置はプレイヤーの判断に任せましょう。判断して判決、仲裁するのがフェイトバインダーのお仕事です。

ここまでシナリオで、エブに布告の話をして、フロリアンを逃がし、マタニも逃がしてきた主人公。
主人公の行動は味方の二大軍閥を助けるものではなく、敵側のティアーズ人に寄った流れで進めてきました。

二大軍閥のような軍事力は保有していないものの、カイロスの帝国No.2の実力者である正義のアルコンを
後ろ盾として自分の裁量である程度自由に動ける権限を持つ主人公は、カイロス軍による
征服戦争とは また違ったもう一つの可能性を模索する事にします。

敵側のリーダーから会談をもちたいという手紙が着たので待ち合わせ場所に向います。
Tyranny_敵側のリーダーとの会談を持ちかけられる.jpg

これまで逃がしたり話したりした敵側の主要人物が勢ぞろいですね( p´∀`)p
Tyranny_敵側の主要人物勢ぞろいですね.jpg

彼女がターキス・アーリというヴェンドリアン・ガードのリーダーのようです。
Tyranny_ターキス・アーリと会談する.jpg

主人公が読み上げた布告により、勝っても負けてもヴェンドリアン・ガードは全滅するという状況下を
覆すために同盟を持ちかけられます。カイロス軍の二大軍閥に対抗するには利用したい状況です。
Tyranny_うまく会話を続けて敵側を味方につける.jpg

主人公は反乱軍であるヴェンドリアン・ガードに協力する約束をして、一度カイロス軍の拠点に戻ります。

各地でメインクエストに加え、サブクエストいくつかクリアしているので報告したり
身ぐるみをはいだ装備品を売ったりしてお金に換えます。
Tyranny_サブクエストの報告も忘れずに.jpg

スカーレット・コーラスの野営地では「活力の基本印章」や「同調の表現印章」が売っていたので忘れず購入。
Tyranny_活力の基本印章と同調の表現印章を組み合わせる.jpg
このダメージアップ効果がすごく強力なのですよ。
ただし、同調の表現印章を使いこなすには高い伝承スキルが必要となるので
使い手は限られてきますね。賢者のラントリィはさすがです。

ちなみにこの「サージ・オブ・グローリー」は、力の印章系統の修飾を強める事によって
ダメージアップ率がさらに高まります。

コーラスの野営地では、出かける前には見かけなかった「歌のアルコン」も居ました。
Tyranny_歌のアルコンのシリン.jpg
歌というか魔力の篭ったかのような強制力のある声で操ろうとしてきます。
どうやら味方といえど、油断のならない相手のようですね(;´Д`)ハァハァ

報告したり、買い物が終わればディスフェイバードのアルコンが集まっているテントへ移動して
適当に会話を合わせておきましょうか( ´∀`)y-~~

どうせ仲が悪いのだから、勝手に盛り上がって個別に行動し始めます。
Tyranny_またも言い争う両者。どちらかと適当に話を合わせておこう.jpg
予想は出来ていたとはいえ非協力な体制で、ヴェンドリアン・ガードの防衛戦はやりやすくなりました。

さて、ここからは二大軍閥とは別行動ですね。
Tyranny_さぁ、ここからは別行動です.jpg

ついでにレベルが上昇したので、今回はリカバリー時間を短縮するスタンスアビリティを取得しました。
Tyranny_今回のレベルアップではリカバリー時間を短縮するスタンスを取得した.jpg
スタンスは起動しないと発動しない点には注意が必要です!

リカバリー時間の短縮幅は小さいように見えるのだけど、重装で両手武器を使っていると
かなり大きな差に繋がります。

さぁ、いよいよ決戦の地へと向いましょうか!
Tyranny_いよいよ決戦の舞台へ.jpg

今回は一度ここで記事を区切ります。

キャラ作成編:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01
チュートリアル:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01-1
布告を止めろ!1:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-16
布告を止めろ!2:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-19
天昇の間を確保する:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-26

nice!(0)  コメント(0) 

PCゲーム 「Tyranny」を遊んでみよう! 8日以内に布告を止めろ! [一般ゲーム]

キャラ作成編:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01
チュートリアル:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01-1
布告を止めろ!1:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-16
布告を止めろ!2:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-19
天昇の間を確保する:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-26

というわけで、少し間が空きましたが第一章を始めますか( p´∀`)p

最初のマップをクリア後に向うのは、二大軍閥の一つ、「ディスフェイバードの駐屯地」です。
団員は同じ国出身の少数精鋭で固められていて、構成も思想も対するスカーレットコーラスと真逆のような存在。

駐屯地の入り口前では勝手に商売している商人を排除したり、門番に挨拶したりと移動。

二大軍閥の指揮官であり、アルコンたちが居るテントに向う前に駐屯地内を少しウロウロしていると
さっそく小印章を発見しました( p´∀`)q
Tyranny_さっそく「力の小印章(修飾)」をげっと.jpg
ちなみに選択できるオブジェクトは「TABキー」を押すと表示が出るので、マウスカーソルで
画面中を合わせて探す必要は無いです。この辺りは敵を倒した時の身ぐるみ剥ぎでも一緒ですね。

力の小印章を入手したのでさっそく修飾してみる。
Tyranny_修飾により さらに強化された魔法.jpg
左がヴェルス、右が主人公が扱う「シアリング・パルム」です。説明文の呪文の修飾のところに緑文字で表示。

射程はこの前の「掌握の小印章」で2m→4mに伸びていたけれど、今回の「力の小印章」で
ダメージがわずかに上昇しました。伝承が高いということは、こういうことなのです(;´Д`)ハァハァ

入り口近くには、ディスフェイバードの御用商人が「氷結の印章」を扱っていました。
Tyranny_御用商人が「氷結の印章(基本)」を扱っていました。.jpg
残念、高くて買えません・゚・(ノД`)・゚・

ええ、さっきから魔法の話ばかりですが、私はウィザード脳なので、
どうしても印章集めに気を取られてしまうのです(;´Д`)ハァハァ

さて、気を取り直して本来の目的に戻りましょうか。アルコンたちのテントに向います。
Tyranny_アルコンたちの会話に加わります。.jpg
主人公の目的は、対立して戦線が膠着している二大軍閥のアルコンの前で
「カイロスの剣の日までに天昇の間を占領しなければ、この谷すべてが滅ぶ」という布告を読み上げる事です。

その場で読み上げるということは、主人公もそれに巻き込まれるわけで大変です。
この対立するアルコン達を仲裁して、天昇の間を占領すべく協力をしていくことに。

またこの会話を観ていると分かるのだけど、ゲーム開始前のコンクエストの選択によって
友好や嫌悪が加算されていきます。根に持つというと悪い言葉だけど、ちゃんと彼らは
主人公の裁定を覚えているので、事あるごとに親密度が変化します。

とはいえ親密度が変化したからと言って襲ってきたりしないので心配はないはずです( ´∀`)
一応、各勢力の親密度の項目を見ると分かるのだけど、ある程度の友好、恐怖によって
取得できるアビリティがあるので、それを狙ってみるのも良いかもしれないですね。

アルコン達との会話を乗り切り、次はディスフェイバードの駐屯地で、
剣の日までに天昇の間を占領するのに協力すべく、駐屯地内で要望を聞きます。

石の魔術師団を捜索する。
Tyranny_アースシェイカーという石の魔術師団の捜索クエを受ける.jpg

「エコーコール・クロッシング」の攻略に助力する。
Tyranny_鋼の元帥エレノスからエコーコール・クロッシング攻略のクエを受ける.jpg

また、この時、主人公にはストーンシールドのバリックを補佐としてつけて貰いました。
Tyranny_肉壁ktkr.jpg
見るからにタンクです。本当にありがとうございます( ´∀`)p

今回の主人公はアタッカー役であり、壁役としてはちょっと不安なのでありがたいですね。
というか、バリックなくして「Tyranny」は語れないっしょ( ´∀`)y-~~

仲間が増えたので、ついでに戦闘時の行動AIを選択しておきます。
Tyranny_バリックと言えば壁っしょ( ´∀`)q.jpg
アグレッシブだと、どんどん前に出て敵と近接戦闘し、
プロテクターということで可能な限り敵を引き付けて壁になってもらいます。

私はウィザード脳なので、バリックというと壁役というイメージが強いのだけど、
いずれレベルが上がって成長していくと、「攻撃する壁」という強力な存在となるので
取得アビリティなんかは考えて選びたいですね。

ちなみに攻撃を命中させるには武器スキルを上げる必要があるので、
同じ系統の武器は使い続けさせたいですな。バリックだとタンクで盾装備なので片手武器が相性良いですね。
特にこれといった事をしなくても、殴っているだけでレベルが20くらいになれば100以上には上がっています。

ついでにヴェルスもAI設定しておきましょうか。好みの問題はあると思うのだけど、
個人的には「ブレイドダンサー」が使い勝手が良かったです。

実は初回プレイ時、ヴェルスは弓使いで育てていたのだけど弓のダメージが低く、
回転力も二刀流と比べると当然遅く、その上 戦闘時はバリックの壁をすり抜けて後背の
魔法使い系のキャラを狙ってくるので、それを排除するためには弓では攻撃力が足りないので
結果的にヴェルスは二刀流近接がピッタリだなと思うようになりました。

ヴェルスはスタンスを選べるので、状況に応じて選択しましょうか。
Tyranny_状況に応じてヴェルスのスタンスを選択する.jpg
敵を倒すために命中力を上げる「シーキングシース」と、
囮になった時に回避を上げる「スリーウィスパーズ」。この二つは適時切り替えて行きたいですね。

※「回避」は遠隔攻撃をミスさせる能力だけど、ヴェルスには近接攻撃にも「回避」値を
適応させるアビリティがあります。この辺はネタバレでもなく、ヴェルスの取得アビリティを
見ていくと分かるので、色々と考えておきましょうか。

そういえばそろそろレベルが上がる頃なので、上昇したならば「技量の強化」と「アビリティの取得」を
行いましょうか。どちらも選択してからセーブボタンで決定です。

この主人公は魔法戦士を目指しているのだけど、まだ目ぼしい「印章の表現型」を入手していないので
今回は近接系のアビリティを選択しました。
Tyranny_持っている武器で二連打する攻撃技.jpg
基本攻撃アビリティである「スラスト」の強化と迷ったのだけど、今回はLv2ということで見送って
装備している武器で二連打攻撃をする「フラーリー・オブ・ブロウズ」をチョイスしました。

両手武器は強力だけど、その分、取り回しに時間が掛かって攻撃の回転数が劣るのだけど
それをこの二連打アビリティを使って手数を稼ぐという考えです。

さて、あと一件クエスト受注があったのだけど、SSを取り忘れたので割愛。
内容的には鉄の武器を探してくれとか、そういう類です。

ディスフェイバードの駐屯地の用事はこれで済んだので、
次にもう一つの軍閥であるスカーレット・コーラスの野営地に向います。

と、マップ移動の途中に割り込みが発生しました。
Tyranny_ヴェンドリアン・ガードの小部隊に絡まれる.jpg

敵であるヴェンドリアン・ガード側の魔法使いが接触してきました。
Tyranny_エブが接触してくる.jpg
穂先が怪しい光を放つスタッフがほすぃ( *´∀`)

エブは人質解放の交渉をしてきたようだけど、基本的に二大軍閥の方針は
ディスフェイバードは処刑、スカーレット・コーラスは徴兵という方針なので、これはどうしようもないですな。

処刑から受ける印象は酷いもののように思えるけれど、禍根を断つ点で考えれば悪くないもの。
というかディスフェイバードは同国出身者で固められた少数精鋭の軍隊なので
基本的に降伏者は不要なんですよねq(`∀´;q)

逆にスカーレット・コーラスは捕縛すると、捕虜に死か徴兵かを選ばせて、
「ふるいの儀式」をもって加入、軍団拡張という方針があるけれど無事とは限らないわけで。
それに加入しても真っ先に最前線に送り込まれるという、なかなかの鬼畜ぶりが目立つので
どちらにしろ、このカイロスの二大軍閥に捕まったら終わりという感じですね(;´Д`)ハァハァ

交渉は不発に終わるのだけど、会話を続けられそうなのでもう少し話してみることに。
Tyranny_エブと雑談を続ける.jpg
危機的状況をもらして、敵に動揺を与えてみることにする。
この時、カイロス軍の内情をバラしたことで、バリックの忠誠が下がるのだけど
そもそも主人公は仲間のご機嫌取りで動いているわけではないのでバリックやヴェルスを押し切ります。

これによって期日までにエブ達を打倒し、天昇の間を制圧しなければこの谷全体が全滅し、
エブ達が粘って防戦しても期日になるとやっぱり谷全体が全滅する事が示されて大きな動揺が走る事に。
どちらにしろヴェンドリアン・ガードは死ぬという事実を(;´Д`)ハァハァ

伝えるだけ伝えたので、別れて本来の次の目的地を目指します。
Tyranny_コーラスの野営地で光を放つスクロールが.jpg
なんとも殺伐とした野営地を歩いていると、無造作に置かれた光るスクロールを発見!
なんとこれ、幻影の基本印章ですv(`∀´v)

その名の通り、ブラー効果があったりと防御面でひじょうに役に立つ代物です。

あ、ラントリィが仲間になる時のSSを撮り忘れていました(;´Д`A
ラントリィという人物は、コンクエストの舞台の一つである「ヴェルム要塞(図書館)」に所属していた賢者で、
炎の布告から逃れ、現在は侵略するカイロス軍に敵対する組織に協力していたのだけど
捕まってしまって、火あぶりの刑に処されるところを主人公が助けたものです。

一緒に捕まっていた反抗組織の暗号文を解読が出来ると持ちかけ、命を繋いだ形ですね。
このラントリィは性能的に回復系の魔法使いタイプで、取得できるアビリティも伝承を増やすものがあり
ひじょうに心強い存在です( p´∀`)q

一応、このゲームの要となる仲間達はこれで出揃った感じですかね。
ヴェルス、バリック、ラントリィの3人はそれぞれ壁、遊撃、魔法を担当させることができるので
PT戦力としてもこれで整ったというところでしょうか。

このコーラスの野営地でもクエストを受けまくって各地へ出発する準備をします。
Tyranny_両野営地でクエストを受けたので出かけますか.jpg

今回はこれで一度、記事を区切ります。

キャラ作成編:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01
チュートリアル:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01-1
布告を止めろ!1:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-16
布告を止めろ!2:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-19
天昇の間を確保する:https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-26

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - 一般ゲーム ブログトップ