So-net無料ブログ作成

アレ系 「シュガーコートフリークス」クリアーq('-'* [アレ系]

メーカーは今作で無期限休止宣言しているリトルウィッチです。

前作、「聖剣のフェアリース」は体験版のプレイのみだけど、その内容に( ゚д゚)ポカーン
だったので、今回のシュガーコートはひじょうに心配していたのだけど
今回に限っては「体験版のプレイ」が良判断となり購入にいたりましたv(`∀´v)

ゲームは四人の姫が~とあるように4ヒロイン制でエンディングも4種類です。
誰に会いに行くかなどの選択肢があり、たぶん一番好感度の高いキャラの
ルートへ進むようになってるようです。

ただ、珠姫は別ヒロインクリア後に、最初からスタートして物語を始めないと
選択肢が出ない?というか、会いに行く回数が少なくて足りないのか
ルート入り出来ませんでした。…それとも選択肢の相性なのかしら?q(`∀´;q)?

まぁ、何はともあれ全クリアして内容に満足しています('-'*

個人的にはジル ルートがここ最近のゲームの物語の中で
正統派というか王道というか、とにかく気持ちのいい出来で面白かったです。

これぞ「物語」という印象です。

■長所■
☆四人四色の物語が良かったですv(`∀´v)
☆音楽が素晴らしいですねv(`∀´v)
☆純愛系のゲームだけど、アレシーンは各キャラ3つずつあり、力を入れてたと思います。

■短所■
★サブキャラの摘み食いが無かったのはちょっと残念。
★珠姫ルートの物語が抽象的で説明が足りないかなと。


今作の物語を「四人四色」と表現したんだけど、ヒロインごとにしっかりとした
テーマがあって、それに沿った話が展開されています。

珠姫ルートは「竜器」と「神竜」の存在とは何なのかという
このゲームの大前提に潜む謎に挑む物語。

ジルルートは正統派の王道な英雄物語。

マリールートでは他ヒロインとの話では忘れがちな
傍でいつも支えてくれた彼女との話。

レンルートは彼女の出自と主人公との因縁を中心という感じです。

さて、冒頭に書いたのだけどジルとの話は今作中、いや ここ最近のゲームの中で
久々に「これぞ物語!」というようなストーリーで凄い良かったですv(`∀´v)

「王道」とか「正統派」みたいな表現から、ある程度はどういう流れかは想像が付くとは思うけれど
それを差し引いても ひじょうに魅力的なヒロインと、主人公が戦う姿が良い感じでした。

一方でマリーはというと、ジルとは正反対で、最初 スケールの狭い話だなぁと思いました。

ただ、よくよく考えてみると主人公が故郷の国を出てこちらへ留学してきて
沈みがちな主人公を傍でずっと支え続けて来たのは彼女なわけで、
そういう事をきっちりと踏まえると、マリールートに進むのは必然的な展開かなと思ったり。

一番リアリティがあるというか、だからこそ「こじんまり」とした印象を受けたのかも。
世界を救ったりとか、そんな大それた話ではなくて愛する彼女と家族の絆を描いた
良い話だったと思いますv(`∀´v)

珠姫とレンルートでは主人公の因縁が少し絡んでくるのだけど
昔の回想シーンで絵などが少なく、感情移入しにくかったのが残念です。

残念と言えば珠姫ルートの終盤で、助けるためとはいえ
イキナリの急展開で説明不足な印象が強かったです。

いや、説明不足というか、他ヒロインルートの話から見ても
その下地が出来てないというか、そもそもジルをクリアしてから
珠姫ルートの最後を迎えると、微妙な気分になってしまします(;´Д`)ハァハァ

次に音楽ですが、すごい良かったですv(`∀´v)
今作は名曲ぞろいですね。

タイトルの抜けるような青い空をバックに流れる「♪ sugar coated」や
学園生活というかマリーを連想させるノリのいい「♪ rolling beans」。

その中でも戦闘曲の「♪ before the rooster crows」がお気に入りですq('-'*
サビの部分で早いテンポのピアノが混ざってるのでジャズっぽい印象を受けて
スタイリッシュに感じてカッコイイですv(`∀´v)

アレについては純愛系のゲームにしては各キャラ3回ずつと多く、
またCG枚数も多めに割いているのでボリュームがあったと思います。

珠姫とジルの体格が小さいので、長身な主人公とのシーンで
抱え挙げた姿勢でのアレは、体格差がよく出て
何だかイケナイことをしているかのような錯覚を感じてしまいます(;´Д`)ハァハァ

ただアレについては、アレゲーにありがちなサブキャラの摘み食いが
全く無かったのが残念でした。マキナさんとか期待してたのに><;

サブキャラといえば「おかみさん」役の桜川未央さんの少し「とうがたった」
大人の女性役の声が良かったです。この人も演技の幅が広いですねv(`∀´v)

声優というと、今作ではジル役の北都南 節が炸裂といった感じです。
いやはや、やっぱりこの人の声はいいですね(*´Д`)最高です

■まとめ■
四人四色に、それぞれしっかりとテーマをもって描かれた物語は面白かったです('-'*

珠姫ルートでは終盤、少し早急すぎるかなと思う、とっぴな展開になったのだけど
全体を通して基本的には丁寧なな作りになってて好感触です。
個人的にはテキストがスラスラと読めたのが大きいかなと思っています。

主人公の性格もアレゲーにありがちなハーレムを夢見るようなものではなく
普通の思考で、剣の道を志していたせいか決めたことは貫き通すような
芯の強ささがあり、ウジウジした展開が無かったので好感が持てましたv(`∀´v)

まずは体験版を是非、プレイしてみてくださいv(`∀´v)

シュガーコートフリークス

シュガーコートフリークス

  • 出版社/メーカー: リトルウィッチ
  • メディア: DVD-ROM



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。