So-net無料ブログ作成

BGEE 続く冒険の日々と野盗のキャンプ [バルダーズゲートなど]

もう、BGEE関係の記事は書くつもりはなかったのだけど、続きをプレイしていると
だんだん楽しくなってきたので、もう少し続けてみる事にしました( p´∀`)p

(カテゴリーを一般ゲームから分割させました)

やっぱりこの時代に合わせたUIとか良いですね。凄く遊びやすいし見栄えが良い。
改行とか文字が途切れるのだけが本当に残念です。


■ノールの砦■
今回は放置していたミンスクの相方、ダイナヘールを救出しに 南西のノールの砦に向かいました。
※ミンスクを仲間に加えたあと、ダイナヘール助けずに放置すると怒り始めます(当たり前ですね)

ミンスクを仲間に加えた時に注意しないといけないのが、忘れがちだけど
メインの武器が「トゥーハンデッドソード」という点です。金属製の武器なので壊れます
必ず予備の両手剣を用意しておいた方が良いです。

またミンスクはレンジャーなので、二刀流にも精通しています。
メイスを4本くらい用意して、メイス二刀流でも面白いです。

ただどちらにしろ言えるのは、ミンスクはアタッカー向きで盾役としては頼りない印象です。

で、敵となるノールは 人間よりも体格の良い 犬の顔と二足歩行の身体をもった化け物で
ゲーム上でノール自体はそれほど頑強なモンスターではないのだけど
装備してる武器がハルバード(1d10ダメージ)ということで、不慮の事故に注意したいですな。
※大振りで当たりにくいが一撃のダメージが強くて、クリティカルヒットになると後衛キャラは即死です。

さて、ノールの砦に向かうためにマップ間を移動していると、ダークエルフから援護を依頼されました。
ドリッズト登場。ノールに襲われている.jpg
仲間がいないところをみると、地下世界から離れて、北方のアイスウィンド・デイルへ向かう最中?

ちなみにドリッズトはレンジャーLv16くらいの強者ですq(`∀´;q)
ドリッズトはレンジャーLv16設定です。.jpg
実は援護なんて全く必要ありませんでした( ´∀`)p この後一人でバッサバッサと倒しました。

ちなみにスリを行うことで、彼がもつ武器なんかを盗めるそうです。
ただし相当の技量がないと無理なようです。(おじさんは善人なので試したことがない!)

英語のままだけど、インストールフォルダのマニュアルフォルダにある
「BGEEManualSwordCoastSurvivalGuide.pdf」の28ページからソードコーストの
有名人というタイトルでドリッズトのことや、エルミンスター(いかにもな魔法使いのおじいさん)、
フレンドリーアームインを経営する夫妻のことなどが書かれています。

オリジナルのセガが発売した完全日本語版のバルダーズゲートにはこれらの文章が
しっかり日本語訳されていて、読んでいて世界観が広がりました。(ああ、英語が読めるようになりたい)

ドリッズトとの出会いもそこそこに、ダイナヘール救出のためにノールの砦への旅を再開します。
その途中、橋の前で熊に襲われている男や、オーガが居たりするので注意です。

というか、オーガ対策なんだけど、なんとスリープが効きましたq(`∀´;q)
オーガにもスリープが効きました。実はHDが低い?汗.jpg
スリープという呪文は高いHD(ヒットダイス)をもつ相手には効かないんだけど、
オーガって低かったのかq(`∀´;q)

※実はヒットダイスの意味がよく分かっていない汗 固有の強さくらいの認識しかない。

オーガといえば、普通は力馬鹿という印象だけど、まれに「オーガメイジ」という存在とも遭遇します。
オーガメイジという存在に注意。.jpg
なんと「スリープ」を使ってきました。BGEEになったから? ちょっと初めてで困惑していますq(`∀´;q)

遭遇戦はこれくらいに、ノールの砦に到着しました。

これまでの戦闘の戦術を思い出して、ノールの砦の地形を考えて
わざと狭い場所の入り口まで下がって向かい撃ちします( ´∀`)y-~~

人型生物なので、「ホールド"パーソン"」が通用します。もちろんスリープもOK。
ノールの砦での攻防。狭い地形を利用しよう.jpg
敵の数と遭遇する集団の回数が多いので、メイジの呪文回数にも気を配りたいですな。

ホールドパーソンは文字通り緊縛させるので、成功すれば致命的で 勝利は約束されたものになります。
ただし範囲が狭いので複数に掛けたい時は、狭い場所や盾役の囮に群がらせる工夫は必要です。
今回の場合は階段の出入り口を利用して複数に掛ける事に成功しました。

余談なのだけど、ホールドパーソンは秘術、信仰どちらも詠唱可能な呪文です。
ただし信仰魔法ではL2、秘術魔法ではL3という風に呪文ランクが違います。

高Lの魔法になるほど使用回数が減っていくので、メイジとプリーストで呪文使用の分担をしたいですな。
※マルチクラス「メイジ / クレリック」の場合、成長は遅いけど両方のクラスの呪文回数が増えて
呪文使いという点ではひじょうに便利な存在です。こう、ドラクエでいうと賢者的な感じで( ´∀`)p

ダイナヘールは穴牢の中に囚われています。
丸太で作った階段の下にいるので一つずつ降りていって探してみましょう。

あとダイナヘールを救出するということは6人PTだと一人外れないとダメなので
そのまま連れ歩く場合だと5人での救出が望ましいですな。

今回もラサードの兄貴と交代してもらいました( ´∀`)
(ナシュケルまで戻って再びラサードを加えて、ミンスク&ダイナヘールと別れる)

ラサードで思い出したのだけど、強い相手と戦うことが分かっているなら、
プリースト系呪文の「バークスキン」を掛けると良いです。手軽にACが向上します

少しネタバレにはなるのだけど、続編であるバルダーズゲート2の事を想定すると
ミンスクと一緒にダイナヘールを助けるというクエストはこなしておきたいです。

一方で、ナシュケルの街でエドウィンと鉢合わせしないように、ミンスク&ダイナヘールが
PTに居る時は話掛けないようにしましょう。殺し合いに発展してしまいますq(`∀´;q)
※エドウィンもBG2に登場するので、ヤっちゃうと個人的にスッキリしない。

エドウィンといえば、前に「レッドウィザード」の一員であると書いたけど、
ソードコースト内をウロウロしていると同業者の方?と遭遇することも。

たしかスパイダーズウッドあたりだったかなぁ…ちょっとうろ覚え。
レッドウィザード4人組が何かの儀式をしているところ目撃してしまった.jpg
怪しげな儀式の最中に来てしまって、目撃者を消そうとするレッドウィザード4人組です汗

ここでの戦いは対メイジ戦に慣れていないと手が出ないと思いますq(`∀´;q)

BGEEだと難しい魔法は使ってこないとはいえ、
こちらを無力化する呪文を4人で使ってくるので油断できない相手です(;´Д`)ハァハァ

敵側の秘術呪文L2「スティンキンクラウド」には要注意。(画面右上の黄緑色の煙)
秘術呪文L2「スティンキンクラウド(吐き気をもよおす煙)」には注意.jpg
この呪文は広範囲で持続する、吐き気をもよおす煙を発生させる魔法で
範囲内ではST判定を行って、失敗すると倒れてしまうという危険な呪文ですq(`∀´;q)

そんな便利な魔法、こちらも使えばいいのだけど、この吐き気で倒れる霧もそうだけど
ウェブなんかの魔法も含めて、味方にも害を及ぼすので使用には細心の注意が必要になります。
※相手を気絶させるために使ったのに、止めを刺しに行った前衛ファイターが一緒に倒れるなど。

ちなみに「スティキンクラウド」には抜け穴があって、呼吸をしない生物には無害です。
信仰魔法L3の「アニメイトデッド」で召喚するスケルトンは"呼吸をしない"ので、平気で行動できます。

もう一方の「ウェブ」に関しては、フリーアクションの呪文で防御したり、
召喚したスパイダー(秘術L4「スパイダースポーン」)をけしかけることで無害で行動できます。

スパイダーに関しては、同じ秘術呪文L4「ポリモーフ・セルフ」や
ドルイドキットのアベンジャーによる「ソードスパイダー(4回攻撃)」へのシェイプチェンジが有効です。

正攻法としては、まずは秘術L2「ミラーイメージ」で分身してくるので
それを潰すためにマジックミサイルが良いでしょうか。

他、相手の秘術L2「ホラー」対策としては、「リムーブフィアー」や
「レジストフィアー」を準備しておくと良いです。恐怖状態が解除されます。

低レベルで戦う場合は、3マルチクラスで苦労した末に編み出した戦法で秘術呪文L1「グリース」が
良いと思います。この魔法もウェブやスティンキンクラウドのように持続性のある魔法で
範囲をツルツルの油で満たして、相手を転ばせます。転ぶと相手は何も出来ないので
呪文の詠唱を防ぎ、攻撃も命中しやすいという利点があります。
※ただしウェブなどと同じように攻撃しに行った前衛ファイターも一緒に転ぶので
全員遠距離武器を装備して、呪文の効果範囲外から狙いたいです。

装備アイテムについては、「ダガー・オブ・ヴェノム」を購入できればひじょうに有利ですd('-'*
(ベレゴストに売っています)

命中すると毒に侵されて 小刻みに毒ダメージを受けて、呪文の詠唱どころではないからです\(^o^)/

とりあえず対メイジ戦としてはこんなところでしょうか。
あとは自分なりに面白そうな組み合わせで戦って、必勝の戦法を編み出してくだされ。

話を戻してノールの砦なんだけど、メインとなる砦以外にも入り口からは
実は二つの分かれ道になっていて、崖沿いを進んでいくと洞窟が三つあります。

このSS画面中には二つあります。ちょっと分かりにくいですねq(`∀´;q)
ノールの砦 よく見ると洞窟が2つあります(全部で3つ).jpg
何故、こんなことを言っているのかというと面白いアイテムがあるからです。

洞窟に入ってみると…外れの方だった。「キャリオンクローラー」と遭遇!
要注意モンスターのキャリオンクローラー.jpg
このモンスターは、標的を麻痺させて、生きたままバリバリ食べるという恐るべき相手です(;´Д`A

前衛職のファイターあたりは特に注意したい相手です。さいわいHP自体は高くは無いので
一斉攻撃すれば麻痺したとしても なんとか倒しきる事はできるだろうと思います。

さてお待ちかねのアイテムはというと…ありました。
ノールの砦の洞窟からトームを発見しました.jpg
トームを発見しますた( p´∀`)q

このトームというのは超レアなアイテムで、なんとキャラの能力値を永久に+1上昇させるものです。
スーパーレアアイテムのトーム。能力値を上げます.jpg
このゲームのキャラ製作時にAD&D 2ndルールのゲームでは、レベルアップしても能力値が
上がらないと書いたのだけど、唯一の例外がこのトームで、これを使うことで強化されます。

ええ、そうですよ、メイジであればHP確保のためにCON値は16が鉄板なのに
なぜCON値15にしたか分かったと思います。※途中から15→16に上げてもHP上昇は適用されます。

主人公のニアに、カリスマが上昇するトームを使ってみました。
カリスマが18→19へ上昇しました。.jpg
カリスマが18→19へアップ( p´∀`)q

…ローフルイービルなのに、名声上げすぎ_| ̄|○

将来的に秘術呪文L1「フレンド」の呪文を覚えるつもりなので、
商店での買い物はカリスマ上昇補正を受けて、CHA 25予定です( ´∀`)y-~~

トームは各能力値につき、基本1コずつ存在するので、探し回ってみてください。
ちなみにわざと使わないことで、そのキャラとしてのロールプレイに徹することも選択肢の一つです。

前回のBGTプレイで使用した「ファイター / メイジ / クレリック」のハーフエルフのアーリア。
キャラクターシートの比較用.jpg
万能型の魔法戦士を念頭に置いて育てたけど、STRが19とかなるとオーク並にの筋力になるので
あえてSTRアップのトームは使用しなかった。

だって、戦いの技術は優れるけれど、か弱い魔法戦士が、実はオーク並の筋力だとおかしいでしょw

単に強いキャラを作るのも良いのだけど、その作成キャラにコンセプトがあると
より一層、キャラへの愛着が湧くと思います( p´∀`)q


■続く冒険の日々■
では冒険の続きを。

相変わらず、どこにってもならず者はいるのもで、絡まれまくります( ´∀`)

野外に出たら 法も秩序もありません。
野外に出たら、法も秩序も無い世界です.jpg
裕福な商人のお遊びに付き合ってやるか( ´∀`)y-~~

他、野外ではダーツの早撃ち名人を名乗る二人組にも絡まれました。
ダーツの早撃ち名人の二人組み。ダーツで強盗って汗.jpg
ダーツで脅されるって…なんだかなぁ(;´Д`)

色々と冒険して、主人公のニア(ソーサラー)がLv4になったので、秘術呪文L2を取得。
「メルフズ・アシッドアロー」と迷ったのだけど結局は「アガナザーズ・スコーチャー」を覚える事に。
新しく覚えた秘術呪文L2「アガナザーズ・スコーチャー」。射線上の敵を丸焼きにする.jpg
「アガナザーズ・スコーチャー」という攻撃魔法は、術者と標的の射線上にいる存在に
ST無しの炎ダメージを与えます。これは味方がいれば巻き込む恐れがあるので注意が必要です。

ただし、直線状の攻撃なので、前衛ファイターの位置取りを考えるのは容易で、
乱戦でも使いやすい攻撃呪文の一つです。また呪文発動後、しばらくは炎を出したまま
術者が歩けるので、動いて複数の敵を巻き込めるように位置の微調整をすると良いですd('-'*

上のSSだとダイアウルフがまっすぐ綺麗に並んだので、良いカモになってくれました( ´∀`)y-~~

呪文の名前でアシッドアローもそうなのだけど、呪文名に人物らしき名前が入っているのは
その人が考えた魔法のようです。メルフというのはAD&D世界だけど「グレイホーク」という別世界の
魔法使いのようです。他にもモルデンカイネンなどがいます。(呪文名にもあります)

ちなみにグレイホークを舞台にした冒険小説「ホワイトプルームマンテン」も面白かったですv(`∀´v)

ホワイトプルームマウンテン (GREYHawk)

ホワイトプルームマウンテン (GREYHawk)

  • 作者: ポール・キッド
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2006/07/27
  • メディア: 単行本


翻訳者の文体が少々固めなんだけど、それが気にならなくなるくらい盛り上がります。

他にも色々あって、ウォーターディープのケルベン・ブラックスタッフの名前を冠した
秘術呪文L7「ケルベンズ・ワーディング・ウィップ」という呪文剥がしの魔法もあります。
だからどうなんだ? というのはさておき、そういう事を知ることで より深く世界観が広がると思います。

海岸沿いを歩いていると、魅力的なシーフに出会いました。
鍵開けが得意なサファナ。相変わらず この選択肢のセリフには笑ってしまいます.jpg
昔からそうなのだけど、この仲間に入れるかどうかの選択肢のセリフには笑っちゃいます( ´∀`)

彼女は前記事の地図にある南方のカリムポート出身の裕福な家庭で生まれたのだけど
窮屈な毎日に嫌気がさして飛び出し、流れに流れて北方にあるバルダーズゲート近辺に来たようですな。
男を手玉に取るタイプの恋多き女性で、クラスとしてはシーフで鍵開けが上手な設定です。

イモエン=シーフが定位置なので、なかなかシーフを加えられないのだけど
色々とアクの強いキャラも多いのがバルダーズゲートの特徴。
何度もプレイして色々なキャラを使いたいですな( p´∀`)p


■野盗のキャンプ■
野盗の本拠地があると噂されるマップを歩いて、倒して情報を得るのも良いのだけど
交渉しだいでは戦わずに野盗のキャンプに案内してもらえます。

野盗のキャンプにて、タゾク初登場。ハーフオーク?のようで、ガタイが良いですq(`∀´;q)
交渉で野盗の仲間入りを願い、キャンプに潜入。ハーフオークのタゾク登場。.jpg
野盗の集団でも 色々な人物の 色々な考えがあるので、それをまとめるタゾクも大変ですな( ´∀`)

しぶるタゾクと交渉する。上手く話を運ぶと、キャンプを壊滅させる手間が省けます。
しぶるタゾクを説き伏せる.jpg
こういう風に会話で展開が変化するのは面白いですね。
仲間入りして潜入しても、ホブゴのわめき声にビクビクしたりもしますq(`∀´;q)

タゾクは鉱山?採掘場?に向かうそうなのでこの場を離れました。
この採掘場が次の鍵になるので、覚えておくと良いでしょうかd('-'*

野盗のキャンプを進むと一際大きなテントがあるので、忍び込んでタゾクの所持品を探ります。
こんなハーフオークが、鉄不足を起こそうだなんて だいそれた計画を一人でやるわけはないしね。

テントに入ると、見つかってしまいました・゚・(ノД`)・゚・
野盗のキャンプの首領のテント。タゾクが居ない隙に物色しようとすると.jpg
てか、完璧な待ち伏せですね( ´∀`)

狭い場所での戦闘になるので、後衛組みの立ち位置は気をつけないとやられてしまいます。
戦術としては、敵の前衛をガードしている隙に、まっさきに敵メイジを倒すのが定石ですね。
レッドウィザード4人組との戦いを思い出して、「呪文を詠唱させない」手段を考えましょうq('-'*

ラサード兄貴の使い方としては、プリースト呪文L2「バークスキン」やL3「ストレングス・オブ・ワン」で
強化すると良いです。(ストレングスオブワンはPT全員をSTR 18/76にする。ダメージアップ ウマー)

戦闘終了。囚われていた密偵か何かと会話する。
ソードコーストの鉄不足は相当 根が深い事件のようです。.jpg
タゾクは、チルという亜人の傭兵団と、ブラックタロンズという傭兵団で構成された野盗を指揮していたが
そのタゾクも何者かからの指示で動いているに過ぎない存在だと分かりました。

ちなみにゼンダリムというのは違法な取引(密売、暗殺など)をやっている悪の秘密組織です。
ゼンダリムと違うと言っているのは秘密裏な工作ではなく、地域を巻き込んだ陰謀という点で
違うという結論になったんじゃないかなと考えています。

キャンプでタゾクが鉱山やら採掘場に行ってくると言ったのは、その指示を受けにいったみたいです。
メインストーリーの次の目的地が開示されましたね( p´∀`)q
野盗のキャンプ壊滅。次はタゾクに指示を出していた存在が居るクロークウッドへ.jpg
今のところメインストーリーで分かっているのはこの辺りです。

★鉄が(呪いで)壊れる
★野盗の襲撃による物流の断絶
★鉄不足で高騰する鉄の相場
★バルダーズゲートとアムンでお互いが陰謀説を疑い険悪状態
★ナシュケル以外にも鉱山がありそう ← Nwe!

ゲーム的にもやっと、クロークウッドへ向かえるようになりました。
やっとクロークウッドへ行けるように.jpg
クロークウッドといえば、確かベレゴストだったかな、タスロイにアイテムを取られたから
取り返してくれと依頼されていた場所です。
こちらも靴と同様に返却せずに 自分のモノにしても良さそうですね( ´∀`)


おまけ。
金にうるさいドワーフ、カゲインのレベルが5になりました。
ドワーフのST上昇率がハンパないです.jpg
毒に強いというドワーフの種族特性が発揮されてきましたね( p´∀`)q

ST値に-補正がついているのは、「リング・オブ・プロテクション」です。
対毒STが4って…ほとんどの確立で効かないですな。ドワーフ、恐ろしい子q(`∀´;q)


今回はこんなところです。

nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

鴫野

カゲインで思い出したけど、いまだにバトルアックス+1などの
魔法の斧を入手出来ていない・゚・(ノД`)・゚・

モーニングスター+1やフレイル+1は拾ったので、一応カゲインに
その武器の熟練度を振ってはいるけど…うーん(;´Д`)

あ、カリスマの価格補正値なんだけど、名声18でリーダーが
カリスマ19の時でシャドウアーマーが9450円。

秘術呪文L1「フレンド」でカリスマを25にしたら8610円に値下げしてくれた。
(このためにわざわざソーサラーの呪文枠を1個使った!)

元々のカリスマの高さに加えて、それを極めつける魔法によって
800円安くなるのは大きい。守銭奴(失礼な!)なニアにはピッタリな魔法となった。

現在、ソーサラーLv5になりました。
L1 チャームパーソン、スリープ、フレンド
L2 アガナザーズ・スコーチャー、インヴィジビリティ

こんな感じで覚えました。

正直なところインヴィジビリティはちょっと迷った。
もう少し後回しでも良いかなと。
※これから行くクロークウッドでBG1部分の最強の一角、
コランを仲間にするなら超有用な魔法になる。

今回の場合は逃げるための護身用や、イモエンに掛けて探索や
バックスタブで遊ぶために選択しました。

メルフズ・アシッドアローは術者レベル6以上で良いかなという考えです。
※術者Lv5までは2ラウンド、術者Lv6からは3ラウンド酸ダメージが持続に変化。

他の候補としては「ラック」あたりを狙っています。
ソーサラーは頻繁に呪文を唱えられるので、メイジとはまた違った
魔法の選択が求められます。(失敗しても何度もリトライできる回数があるなど)

ちなみにL2の鉄板、ウェブは今のところ、考えていません。
ソーサラーはL3秘術呪文(ファイアーボールなど)を覚える時期が遅いので
急がなくても良いかなという考えです。

あと、何のためにゲーリックを入れているかというのもそのためです( ´∀`)

ソーサラーで「手が回らない呪文の補助」と、「伝承知識要員」です。
そういえば、BGEE1は魔法のアイテムの鑑定に伝承知識が
かなり多く必要っぽくなっている? 伝承知識50で、
やっとデッドショット(ロングボウ+2)が鑑定できました。

伝承知識といえば、ソーサラーの少ない呪文枠で「アイデンティファイ」を
覚える余裕がないから入れました。

それに魔法で一発鑑定ってなんだか味気ないでしょう。
パーティーにバードがいて、彩りを持たせた方が雰囲気も出ますしね。
(イモエンがピックポケットのスキルを上げないからという理由もあります)

みなさんはどんなメンバーでしょうか。

by 鴫野 (2014-04-21 01:12) 

鴫野

ファイアーワイン橋の遺跡、ウルキャスター跡を探検。
ダメだ…迷宮の難易度が簡単すぎる・゚・(ノД`)・゚・

ウルフ・オブ・ウルキャスターと戦っていた日々が懐かしいぜ( ´∀`)
いや、それはそれで、本当に泣きが入りそうになるんだけどさ。

ゲーム設定で難易度を上げて、非ダメージを増やすことはできるんだけど
それもまた違う気もするしなぁ…

とりあえず次はクロークウッドのスパイダーの巣窟をうろつく予定。
ラサードを外して、現在はハーフオークのブラックガード(新キャラ)を入れてみました。

レベルが遅れがちだけど、新キャラは会話イベントがあるので良いですな。

主人公のニアがローフルイービルなので、それに合わせて選択肢を選ぶと
なかなか面白く会話が運ぶので楽しい。

友情はいらない、信頼があれば良いとか、
上下関係をキッチリさせてドライな関係を演出しつつ
彼がなぜそうなったかという過去話を聞いているところです( ´∀`)

能力値的にはミンスクと同じアタッカータイプで、前衛の壁には向かないですな。
ブラックガードLv4でHPが30しかない。

ちなみに肉壁のカゲインは、Lv6でHP90という…(;´Д`)ハァハァハァ

てか、カゲインを使ってるから、ゲームの難易度が下がっているんだ。
あまりにもこの金にうるさいドワーフが空気のように存在してて
気づかなかったぜ( ´∀`)y-~~

とはいえ、他にHPが高くなる前衛キャラとなると限られてくるんだよなぁ。
カリード、アジャンティスあたりでしょうか。


ちなみに前回、直近でBGTのBG1部分をクリアした時のメンバーは、

アジャンティス (パラディン) ■人間
イェスリック (ファイター/クレリック) ■ドワーフ
アーリア (ファイター/メイジ/クレリック) ■ハーフエルフ
イモエン (シーフ→メイジ) ■人間
アローラ (シーフ) ■ハーフリング
クァイル (クレリック/イリュージョニスト) ■ノーム

種族とクラスのバランスを考えての組み合わせ。
純メイジはいないけど、イモエンがBGT効果で経験値に制限がないので
秘術呪文L5は詠唱可能。

純クレリックもいないのだけど、イェスリック&クァイル&アーリア(主人公)の
三人がマルチクラスで回復と補助を担当するので、実はシングルクレリックが
一人いるよりもよっぽど層が厚かったり。

…今、思い出しても、これ、かなり頑強なPTだなぁ(;´Д`)ハァハァ

アローラだけがひ弱だけど、ハーフリングのシーフは一級なのがポイント。
とはいえ、最終的な組み合わせの妙は、思い入れになるんだけどね。


by 鴫野 (2014-04-23 23:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。