So-net無料ブログ作成

同人ゲーム 「絆されて」をプレイしてみた。 [アレ系]

いきなりだけど、「絆されて(ほだされて)」をプレイしてみた。
サークルはVENUSで、「喪失のMarried Life」や「彼女のベッドの下の盗聴器」が有名ですね。



あらすじとしては、幼い頃にいじめにあっていた主人公を空手なヒロインが助けて、
そこから憧れて好きになっていき、現在に至るというもの。

ゲーム冒頭では付き合ってはいないものの親密な関係で、
実際に話の流れでも本当に上手に進んでいました。

しかしそんな時に思いもよらない出来事が起こり、歯車が狂い始めた──という感じ。

ヒロインと仲良くなって順風満帆のはずなのに
些細だけど彼女の反応に違和感があり、モヤモヤの連続で この辺は話が上手だなと思いました。

ただ、寝取られものといっても千差万別で、個人ごとにものすごい細かいシチュの好みがあって
今作は私に合いませんでした(;´Д`)

私は「不本意」が好みで、それはまぁ良かったんだけど、私的には受け付けない流れだったので
野球でたとえると、ずっとボールを投げられていた気分でした。

例えば浮気と聞くと、どういう印象をもつでしょうか。

人により若干の差はあると思うのだけど
私の中では、「自分の彼女が相手の男を好きになる」という認識です。

自分に気持ちが残っているのに、不本意ながら~ってのが大好物。
相手へ気持ちが向かってしまうと、なんか急に興味を無くすんです。

今作は「完全寝取られ」という銘打っているので、まぁ実際、そのとおりだったのだけど
私的には好き合っている者同士の行為を見せられてもフーンとしか思えないのですよ(;´Д`A

もちろん、彼氏がいるのに~という煽り文句はちょこちょこ出てくるけど、ちょっと印象が弱かった。

それよりもヒロインの若い性が開花し始めた頃に、空手一辺倒のヒロインが
空手だけは尊敬できる叔父の男の臭い、体温、広い背中、
そして家を出た理由を聞いて絆されて心が自然と離れて叔父に向く。

寝取られといえば寝取られだけど、なんというか私の認識では「疎遠になった」という感じで
ピンとこなかったです。

ええ、ここで私の好みを長々と書いてもしょうがないですね(;´Д`)
人により受け止め方、ストライクの位置が千差万別だし。

話を戻して…今作、演出で良かった点は背景絵のシーン表現が増えた点。
なんと、擬似アニメのような腰振りも一部あります!

しかも一枚絵じゃなくて、本当に背景絵に人物を描き込んだもので!

淡々と、しかし残虐な現実。

夜、布団を敷いた部屋に、男と女。
腰と尻がぶつかる音が響いて、客観的な視点で見ることで逆に生々がアップ(;´Д`)ハァハァ

演出上で残念だった点は、寝取られモノの醍醐味的シーンの一つ「現行犯」が無かった点。
これだけは本当に残念でした。

その点、前作の「喪失のMarried Life(感想ページ)」は、発覚時の獣のように交わりながら
よがり声を上げる妻の姿が良かったですね( p´∀`)q


まとめると、タイトルどおりの素直な内容で、特に捻りはなく
いつの間にやらヒロインは絆されて 他人のものになっていた──というものでした。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。