So-net無料ブログ作成

アレ系 「ボクの彼女はガテン系」クリアーq('-'* [アレ系]

メーカーはエルフです。

DMMというサイト独占でダウンロード専用タイトルとして発売された今作。
個人的にはDMMはダウンロード期間が設けられていて、購入しても期限が切れると
再ダウンロードが出来ないので使いにくいなという印象が強いのだけど、
ここでしか販売されていないので仕方なく購入。(今作はDL期間が無制限のようです)

ゲーム自体はミドルプライスとは思えないほどの贅沢な作りで、よく発売したなぁという感じです。
ミドルプライスを意識した点でいうと登場キャラを極力しぼって少なくとか、男性キャラに
音声がないというところでしょうか。

ちなみに音声といえば、エルフのダウンロード専用タイトルで「若妻万華鏡」や「夫の前で~」のような
ひどい演技はなく合格です。この2タイトルは何でこんなに酷かったんだ…(;´Д`)

■ここが良かった!■
☆NTRというと局地的なシチュが多いけれど、今作はそれを人生で表現していた点にビックリ。
☆それぞの視点で寝取られ、寝取り、寝取らせがあり、網羅している点に驚きました。
☆ミドルプライスなのにアレシーンでは絵が動いてますv(`∀´v)
☆門井亜矢さんの絵、めっちゃ可愛いです( p´∀`)q

■ここがイマイチ■
★清涼剤と呼べるような まともなENDがなく、救いが全く無かったのでプレイ終了後ウンザリした。
★ちゃんとした口取りシーンが1個しかなかったのが残念でした。
★リーゼントの人にもう少し活躍して欲しかったですヽ(`Д´)ノ
★攻略がすごく面倒くさいです(;´Д`)

さて 今作は四つのタイトルが付いた、それぞれ独立したオムニバス物だと思っていたのだけど
すべてが繋がっていて、起承転結のような構成になっています。

そのため、短い小話を適当に作ったのではなく、NTRをテーマをした物語に対しては
壮大すぎる構成で ただただ圧倒されました。

プレイを始めた時は、まさか「人生」規模の長い視点を持って書かれているとは
夢にも思わなかったし、ここまで本格的に二人の馴れ初めから寝取られ、夫婦の変容、
数十年後の未来の様子まで網羅されているゲームは無かったでしょう(;´Д`A

4つのタイトル、ボクの彼女はガテン系で彼女が好きになり、その後の
否応のない不安と思いもよらない事態の発覚、そしてそれまでの経緯と
今後どうするかというまとめ的な展開。

この最後のまとめ的な展開が「重厚」な作りで、ただただ圧倒されました(;´Д`)ハァハァ

ただしここまで来ると、エンディングはいびつな夫婦関係の修復しか残っておらず、
罠に嵌められて、流されたとはいえ「本来は何の落ち度もない妻」が偏執をもった男に狙われて、
救いが全くないというのは プレイ終了後にモヤモヤが残ったままになって可哀想に感じました。

大体、プレイした感触ではこんな感じに

↓ガテン系彼女、可愛い! 普通に面白い。幸せになってほしい。
↓怪しい影がちらほら。幸せなのに偏執な男達に狙われてドキドキする。
↓発覚するまでジリジリ ジワジワと心を締め付けられるような圧迫感と緊張感が続く。
↓待望のNTRシーン、キターv(`∀´v)-!!
↓(;´Д`)ハァハァハァ (;´Д`)ハァハァハァ (;´Д`)ハァハァハァ

さぁ、エンディングっと・・・あれ? あれ? まだ続くの?

↓NTRの興奮から醒めて、しょんぼりする。
↓もう、やめてあげて! 主人公も妻もプレイヤーの私もボロボロよ・゚・(ノД`)・゚・
↓いびつな夫婦関係に再構築。

こんなENDでいいの?(;´Д`A

今作では エルフでよくある清涼剤と言えるような補間ENDがないまま、鬱で終わった感じ(;´Д`)
人間デブリなどのようなスカっとしたプレイ感で終われなかったのは残念です。

そりゃ、NTRというのは突き詰めて行くと欝な状態なんだろうけど、アレゲーとして楽しむ場合は
アレへの導入としてのシチュエーションを楽しむのが一般的で、
ここまで重い話に書かれると気持ちよくなれないです・゚・(ノД`)・゚・

というわけで当初こそアレに関しては、自分の知らないところで妻が酷い目に遭ってて
気付いた時には染められているという王道展開でフルおっきしたのだけど、
一方で全く妻を守る事が出来なかったので、ストレスが溜まりました。

同じようなNTRゲームの「それでも妻を愛してる」というゲームだと
妻を守り抜く事ができるルートがきっちりあっただけに、ガテン系は可哀想になってきました(;´Д`)

まぁ、今作の場合は この夫婦というカタチの崩壊と再構築の過程で、歪んだ夫婦愛を
描いたものだと言えばそれまでだけど、後味が悪かったです。

アレシーンについては、基本的には一人の寝取り男を中心に展開されていて、
集団戦は無かったのは個人的には良かったです。
やっぱり1vs1の方が落ち着いて見ていられますしね( p´∀`)q

でもその一人の男に集中しすぎていて、他のキャラの活躍も見たかったです。

特にリーゼントの人はヒロインの身体目当ての動機で、寝取り男のような美学・コダワリがなく
そういう単にスケベでやりたいだけのクズのような男に出し抜かれる展開もあってもいいはずq(`∀´;q)
この辺はシチュの「多様性」という点において、すごく残念でした。

あとアレでは ほとんどのシーンでアニメーションがあって、その辺はすごく驚きました。
アニメーションでのお気に入りは10分以内にお口で処理しなければいけないイベントと、
終盤の寝取らせシチュでのバックです。

このバックでの攻めは男優の歳相応にだらしなく たるんだお腹が
ヒロインのお尻にこすれていて生々しさが良い味を出していますね( p´∀`)q

口取りシーンではこの10分で~というのはヒロインの猛攻が見られて
至高の1シーンだったのだけど、これ以外では口取りが少なかったのは残念です。
てか、その他のは、あったとしても ちゅぱ音がないです(;´Д`)

最後に、今作、すごく攻略が面倒くさくて自力でのフルコンプを断念。
シナリオの瞬間ジャンプがあればいいんだけど、そういうのは無かったし。

ただ、選択肢の場面でセーブしておいて、行き詰ったっぽい選択肢をしたところに
複数個所ロードしなおして選択しなおすと道が開けたりはしました。

例えば「掘ってみる」or「そんなワケない」のところに戻って選択肢を選びなおして、
すぐに違うセーブデータの選択肢の場所、「もうどうにもならない」を選ぶところまでロードで飛ぶとか。

イチイチ選択肢を選んだ場所からスキップ放置で文章を流さなくては良いみたいだけど
これはこれでややこしい感じです。

ゲームのセーブデータ内にフラグ管理記録が無く、システム側でフラグ管理されてるのかしら?
とりあえずシーン回想1個を除いて埋まって、これ以上の総当り選択するのが面倒くさくて
フル化したのだけど、もう少しスマートに出来なかったのかという思いは強いです(;´Д`)p

■まとめ■
期間の長さも今作の特徴で、二人の馴れ初めから始まり、その後夫の知らない場所で
イベントが起こり、以降ずっと続いていて、エンディングによっては数十年後の姿も描かれていて、
この辺はこの手のゲームでは無かった書き込み具合で興味深かったです。

今作は寝取られモノというより、「いびつな純愛」を描いた物語で、このいびつな純愛が
受け入れられるかかどうかで このゲームの評価がガラリと変わるような印象です。

私はモヤモヤしたものが未だに残っていて、しばらくゲームを起動しようとは思わなくなりました。
ええ、ちょっと鬱が入っていますよ(;´Д`)

読み物としてはきっちりと描かれていて、これはこれで完成、完結してるのだけど、
それが面白いか、ゲームが終わった後にスッキリするかは別だしね(;´Д`)p

ボクの彼女はガテン系ボクの彼女はガテン系
nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

鴫野

そういえばHDD交換したら、ゲームが起動しなくなりました。
すぐにDMMにサポートに不具合を記入して送ったら返事が来ました。

フォルダを削除すればOK。
無事解決しました。

でも、こういうのがあると、やっぱりDLデータだけっての怖いなぁ(;´Д`)

私は手元に元データを置いときたいタイプなので落ち着かないです。

例えば音楽にしてもDL販売で安く買えたとしても手元にCD音源が欲しいところ。
音質的な面(DLものは音質悪い)もあるけど、手元に無いと
自分のモノになった気がしないんだよね。

そういうわけで2012年9月発売の「母娘乱館」はDMMでDL版が先行販売だけど
パッケージ版を待つ予定です。

by 鴫野 (2012-07-28 23:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。